このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

森永アロエヨーグルトに【洋ナシ】果肉のシャリっと食感がプラス!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年8月26日

今年で発売25周年を迎えた「森永アロエ&ヨーグルト」に洋ナシの新しい食感が加わった。一つのヨーグルトで二つの食感が楽しめるのは贅沢といえよう。今回は、新商品の特徴をはじめ、アロエヨーグルトが親しまれ続けている理由に迫っていく!アロエの変わった食べ方も紹介しているのでこちらもぜひチェックしていただきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. プルっとしたアロエの食感にシャリっとした洋ナシの食感をプラス!

今回の「森永アロエ&ヨーグルト」が今までと何が違うのかは、パッケージをみるとすぐにわかる。アロエヨーグルトシリーズを連想させる白と緑を基調としたデザインに、みずみずしさ溢れる洋ナシが散りばめられているのだ。

ヨーグルトと相性の良いプルっとしたアロエの食感だけでもたまらないのに、そこに洋ナシのシャリっとした食感までプラスされているから贅沢といえよう。しかも、今回の発売では、それぞれの粒の量が従来よりも30%アップされているから、さらに満足感の高まる逸品に仕上がっている。

また、一つあたりの値段は155円(税別)で、気軽に取り入れられる点もうれしい。朝食やおやつなどに取り入れて、アロエと洋ナシ果肉の食感を同時に味わえる至福のひと時をぜひ経験してみてはいかがだろうか。

2. 愛され続けて25周年!「森永アロエ&ヨーグルト」のこだわり

25周年を迎えた「森永アロエ&ヨーグルト」だが、なぜここまで日本中で親しまれるようになったのだろうか。それには商品に根付く素材へのこだわりが関係している。

こだわり1:アロエとの一体感を重視したヨーグルト

メインとなるヨーグルトはアロエとの一体感にこだわって選ばれている。発酵臭を和らげることで全体として爽やかな風味に近づけている。また、アロエが均一に混ざるのに調度よいやわらかさに保たれているのも特筆すべき点だ。

こだわり2:鮮度の高いみずみずしく厚みのあるアロエ

肝心のアロエについては、600種もあるアロエの中から、苦みの少ない食用に適したタイ産のアロエベラを使用している。葉肉が厚く、みずみずしいのも特徴的だ。収穫後は鮮度を保つためにタイで加工しているのだそう。

3. 実はいろんな方法で食べられる?アロエの意外な食べ方とは

今回紹介した「森永アロエ&ヨーグルト」のように、アロエはヨーグルトでなじみ深い植物であるが、そのほかにも意外な方法で食されることがある。

例えば、アロエのおろしそばである。ベラを皮付きのまますりおろして生成したタレは、とろろ汁のようななめらかさを楽しめる。また、アロエを切って刺身としていただく方法もある。味付けは、魚の刺身と同様でわさびと醤油をつけて食べる。変色しないようにレモン汁をかけておくのがポイントだ。

そのほか、サラダにしてしまうのもおすすめだ。パセリのようにみじん切りにしてサラダにふりかける方法や、薄切りにしてほかの野菜などと一緒に取り入れるという選択肢がある。ほかにも、アロエジュース、アロエ酒、アロエの原液など、飲料として楽しむ手もある。アロエは日常で頻繁に食べるものではないが、調理方法によっては美味しくいただける。ぜひいろいろ試してみるとよいだろう。

結論

「森永アロエ&ヨーグルト 洋梨果肉プラス」は8月27日(火)より期間限定で発売される。このヨーグルトに使われている洋ナシは8~10月が旬のバートレット種である。季節にこだわって選定された洋ナシの甘さとヨーグルトの爽やかさの相性の良さについて、ぜひ一度体感してみていだだきたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ