このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カレーパン日本一決定戦が開催中!今一番うまいカレーパンはどれだ?

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年8月31日

カレーパン好きが見過ごせないイベントが真っ最中だ。2019年カレーパン日本一決定戦がこの夏も開催されている。本当に美味しいカレーパンの存在を知るのにうってつけのイベントだが、具体的な詳細が気になる。早速、主催団体、投票期間、開催背景などを説明していこう!

1. カレーパン日本一決定戦とは?

「今一番うまいカレーパンはどれだ」を合言葉に開催されるのがカレーパン日本一決定戦である。美味しいカレーパンを知ってもらうきっかけを作るのをはじめ、カレーパンの多様性を広めることで、カレーパンによる地域活性化やイノベーションの促進を図るという目的が据えられている。

ちなみに、主催しているのはカレーパン協会だ。投票方法についてだが、ノミネートと本投票に分かれている。ノミネートは、協会のオフィシャルサイトのエントリー専用フォームに、部門、地域、店名などを記載して送信する。本投票は、本投票専用フォームに選出された店から、チーズカレーパン部門、バラエティー部門などの各部門をそれぞれ選ぶ。

2019年のエントリー期間は6月13日(木)~7月10日(水)、本投票期間は2019年8月1日(木)~9月4日(水)、結果発表は10月頃となっている。

2. カレーパングランプリの開催背景について

数多くのパンがあるなかで、なぜ、カレーパンに的を絞ったグランプリが注目されているのか気になるかたもいることだろう。カレーパングランプリは協会の並々ならぬ思いによって実現されている。

協会によると、カレーパンは、ほかの総菜パンの中でも特に食べ比べしがいのある食べ物だという。食感、生地の風味、スパイスや具とのバランス、カレーフィリングの味、粘度など、比べる要素が豊富であることを理由としている。突き詰めると、カレーパンの奥深さを知らないで生きていくことが残念でならないとの思いがカレーパングランプリの開催につながっているようだ。

日本カレーパン協会がどれほどカレーパンに思い入れがあるのかは公式HPを見るとわかる。気になった方はぜひ、カレーパングランプリの概要ともにチェックしてみてほしい。

3. カレーパングランプリ2018の優勝カレーパン

カレーパングランプリにはさまざまな部門がある。ここからは2018年のグランプリで優勝したカレーパンをそれぞれの部門別に紹介していく。

揚げカレーパン部門(東日本) 弦斎カレーパン

パン生地の中にお米を混ぜることでカレーライスを連想させる仕上がり。

揚げカレーパン部門(西日本) 牛肉ゴロゴロカレーパン

こだわりの窯により、皮が薄くて水分たっぷりのフワフワのパンを実現。

焼きカレーパン部門(東日本)たっぷりビーフの焼きカレー

カレーにゴロっとした牛肉が含まれ食べ応え抜群。牛肉がダイスカットにされているのが特徴的。

焼きカレーパン部門(西日本) 尾道砂ずりコリコリカレーパン

砂肝スライスのコリコリ食感がスパイスの効いたカレーにアクセントをプラス。

チーズカレーパン部門 北海道十勝モッツァレラチーズカレーパン

北海道十勝産のモッツァレラチーズを使用した逸品。北海道ならではの素材を堪能できる。

キーマカレーパン部門 キーマカレーキューブ

ピリッと辛めのキーマカレーにトロっとした半熟卵が組み合わさっている。カリッとしたパンも魅力的。

結論

カレーパン日本一決定戦の概要と共に、昨年のグランプリに輝いた商品を紹介したがいかがだったろうか。残る投票期間もあとわずか。気になったカレーパンがあったら早速食べてみるとよいだろう。2019年のカレーパン日本一決定戦の結果は10月頃に発表予定だ。新たなカレーパンとの出会いが待ち遠しい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ