このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

人気ソフトキャンディ「メントス」の3つの味が楽しめる商品がリニューアル!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年9月 8日

世界中で愛され続けている大ヒットソフトキャンディーの「メントス」シリーズから、この度3つの個性的な味わいが楽しめる「メントス アソート」がリニューアル発売された。コーティングのカリッとした食感とフレーバーごとのジューシーな味わいのこの商品の概要を、「メントス」シリーズの紹介とともにお伝えするとしよう!

1. 新しくなった「メントス アソート」

今回リニューアル商品として販売されている「メントス アソート」はシリーズでも人気のグレープ・ストロベリー・レモンの3種類が入っており、ロールタイプのパッケージ商品と同等サイズのものが一粒ずつ個々に包装されたアソートパックだ。皆でお出かけの際や家に大勢が集まった時など分け合うことで味わいをシェアすることができる。内容量は84.6g、税抜希望小売価格は176円で、全国のスーパーやコンビニやドラッグストアなどに於いて8月26日(月)より装いも新たに販売が開始されている。

2. シリーズの歴史と人気ラインナップ

時に1932年、オランダで産声を上げた「メントス」はヴァンメレ社というキャンディメーカーが売り出した商品だ。当時の商品案はフルーツキャラメルの製法をもとにして糖衣を纏ったミントフレーバーのキャラメルを売り出そうというもの。やがて瞬く間に世界中に広がった「メントス」だが、日本に来たのは1978年のこと。当時日本ではその謎めいた食感と噛んだ後に広がるまるで溢れ出すかのような味わいは今に至るまで世代を超え大勢の人に親しまれている。

中でも人気を博しているラインナップは瑞々しいぶどうの味が楽しめる「メントス グレープ」、控えめな甘味と爽快なミントの風味の「メントス ミント」、味わいのある発泡感と清涼感が楽しめる「フレッシュコーラ」、キャラメルの優しい味わいとビターチョコのほろ苦い味わいとのバランスが心地よい「キャラメルチョコ」だ。その他にもレギュラーパックのものや個包装のものやミニサイズの商品などあり、フレーバーもピーチ・マンゴー・グリーンアップル・オレンジ・ストロベリー・抹茶など多数に及ぶ。

3. ミントに関する豆知識

日本では薄荷の名で知られるミントだが、世界中で初となるこの植物の記述はなんと紀元前16世紀にまで遡る。メソポタミア文明に描かれた粘土板に楔形文字で記されていたのが最古とのことだ。

ところでこのミントを使った砂糖菓子をご存じだろうか。溶かした砂糖にミントの味わいと香りを纏わせて固めたもので、「ケンダルミントケーキ」と呼ばれるものだ。その容姿は板チョコのようなもので、非常食や栄養補給に持ち歩くことができるいわばキャンディーのようなものだ。

この「ケンダルミントケーキ」が一躍知られることになったのは人類史上初めてエベレストを制覇した有名な登山家がこのミントケーキを好んだことを伝えたのがきっかけだった。彼もまたミントの爽快な風味と砂糖の甘みが織りなすバランスのとれた味わいに魅了された1人だといえるだろう。

結論

この度リニューアルしたグレープ・ストロベリー・レモンの味わいを楽しめる「メントス アソート」はブランドの人気フレーバー3種類を集めたシリーズラインナップだ。長い歴史の中で親しまれてきたその味をこの機会に今一度確かめてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ