このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

こんな鍋つゆ待っていた!久原醤油から柚の香りが最後まで香る塩鍋スープ新登場

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年9月 4日

まだまだ暑い日々が続いているが、秋冬の鍋シーズンに向けて新作鍋スープが登場する。「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」は、鮮度を保つ特殊パッケージを採用。使い切る最後まで、新鮮な香りと風味を楽しむことができる。また、鍋以外の料理のアレンジにも使うことができるのも嬉しいポイント。さっそく商品の魅力やおすすめの食べ方についてご紹介しつつ、久原醤油や醤油にまつわる豆知識についてもご紹介していこう!

1. 「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」のヒミツを徹底解説!

鍋つゆ史上初の特殊パックを採用!

新発売となる「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」は、使い切る最後まで新鮮なゆずの風味と香りが続く、濃縮タイプの鍋つゆだ。鮮度を守る秘密は、鍋つゆ史上初となる特殊形状のパックを採用したこと。

これまでのパッケージでは、つゆを注いで空いた分のスペースに空気が入ってしまい、中身の酸化が進んでしまっていた。そこで新商品では、つゆを注いだ後に自然と口が閉まるパッケージを採用。今までありそうでなかったアイデアで、最後まで鮮度の高い風味を味わえる鍋つゆが誕生した。

香り高い国産ゆずと多彩なアレンジメニュー

「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」では、味の決め手となる「ゆず」に国産品を使用。ゆずの果汁と果皮に塩を合わせ、爽やかで酸味のある味わいに仕上げている。

濃縮タイプなので、鍋料理として使う際には鍋つゆを水で薄めて調味する。おすすめのやり方として、大さじ1杯のつゆと水200mlで具材を煮込んだ上で、最後の仕上げに鍋つゆを大さじ1杯加えると、より一層香り高いゆずを楽しむことができるという。

また、野菜スープやゆず塩ラーメンなど、アレンジも自由自在。鍋料理以外にも、さまざまな料理に大活躍すること間違いなしだ。

2. 一世紀以上の歴史を持つ「久原醤油」の魅力とは

歴史

久原醤油は、福岡県久原村(現久山町)で生まれた醤油醸造会社だ。その歴史は長く、今から約125年前の明治26年まで遡る。初代当主が村長も務めていたということもあり、村人のバックアップも受けつつ、地域に根ざした企業として成長を続けてきた。

現在では醤油以外にもさまざまな関連商品を手掛けており、中でも「茅乃舎のだし」は全国区で知名度の高い大人気商品だ。元は通信販売から始めた商品が、今では東京ミッドタウンに店舗を構えるほどに急成長。長年の歴史の中で培った技術で、新たな商品づくりにも力を入れている。

「おいしさ あごの差」のフレーズに込められた思い

九州や西日本を中心に古くから親しまれてきた「あごだし」。今ではかつお節や昆布、椎茸や煮干しに次いで「第3のだし」とも呼ばれ、日本を代表する味のひとつとなっている。

あごだしの原料はトビウオを乾燥させたもの。他の魚と比べて脂肪分の少ないトビウオは、あっさりとした味わいが特徴だ。久原醤油では、そこにこだわりの醤油と、複数のだしをブレンド。黄金色に輝く、上品でまろやかな味わいが魅力の「あごだし」商品を生み出している。

3. あなたの知らない!?奥深い醤油の世界をご案内

知られざる醤油の効能

料理に入れたり、あるいは付けたりと、ふだん何気なく使う機会の多い醤油。味は気にしても効能には興味がないという人も多いかもしれない。ここでは、醤油の持つ意外な効能についてご紹介しよう。

まずは美味しさを引き立てるための「緩衝能」。急激な味の変化は美味しさを損ねてしまうが、醤油は酸性の強い食品を弱酸性に調節することでクッションのような役割を果たし、食事の美味しさを引き立てている。

続いては「塩味を和らげる」効能。しょっぱいイメージのある醤油だが、実は醤油に含まれる香味成分や乳酸は塩味をまろやかにしてくれるのだ。そのほか、消臭や殺菌効果などもある。醤油はただ美味しいだけの調味料ではないのだ。

魅惑のフレーバー醤油&専用醤油

最近「フレーバー醤油」や「専用醤油」が注目を集めていることはご存知だろうか。フレーバー醤油とは、その名の通り香り付きの醤油で、ふりかけるだけで料理の味が決まるという。例えば「燻製醤油」なら、いつもの料理が燻製料理のように早変わり。数種類のハーブを配合した「ハーブ醤油」は、本格的なドレッシングがわりにも使うことができる。

「玉子かけご飯醤油」に代表される専用醤油も新たな広がりを見せつつある。「揚げ物醤油」「カルパッチョかけ醤油」など、わりとオーソドックスなものの他に、「ヨーグルトかけ醤油」「パンかけ醤油」などユニークな商品も。一体どんな味がするのだろうか?気になった方はぜひ手に入れて試してみてほしい。

結論

新商品「最後までまるで搾りたて 香るゆず塩鍋」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。発売日は2019年8月31日(土)からで、全国のスーパーマーケット等で手に入れることができる。鍋料理にはもちろん、様々な料理のアレンジにも使えるのが魅力の一つ。秋冬の鍋シーズンに欠かせない商品となりそうだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ