このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
松屋の「ビビン丼」対決の勝者がいよいよ待望のレギュラーラインナップに!

松屋の「ビビン丼」対決の勝者がいよいよ待望のレギュラーラインナップに!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年9月 2日

5月7日より期間累計販売数で競い合っていた「平成のロングセラー豚ビビン丼」と「新作牛ビビン丼」のいずれも松屋こだわりのメニューの勝敗が決着し、勝ったほうのメニューがこの秋にいよいよレギュラー化することが決定した。今回はこの2つの商品の紹介と対決の詳しい内容についてお伝えしていく!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚と牛それぞれのビビン丼

「平成のロングセラー豚ビビン丼」は豚肉の美味しさを引き立てる根菜のきんぴらとより深い味わいを増してくれるキムチを熱々の鉄板で炒め、仕上げに複雑な辛味と旨味のコチュジャンで味を調えた甘辛な味わいが特徴のメニューだ。味噌汁付き並盛490円・大盛590円、さらに100円プラスで野菜セット付として提供された。

対する「新作牛ビビン丼」は牛肉と相性のいい小松菜のナムルや根菜のきんぴらを合わせることで心地よいシャキッとした食感が楽しめるメニューだ。味噌汁付きで並盛550円・ライス大盛610円、同じく100円プラスで野菜セット付、いずれのメニューもテイクアウトの場合60円プラスすると味噌汁のテイクアウトも可能としてその販売数を競った。

2. 勝負の内容と行方

この新旧ビビン丼対決は5月7日(火)から5月20日(月)までの一部を除く各店舗でそれぞれの販売数を累計して勝敗を決めたものだ。気になる勝敗の結果は総販売数100%に対し「平成のロングセラー豚ビビン丼」が50.05%、「新作牛ビビン丼」が49.95%と接戦の末見事「平成のロングセラー豚ビビン丼」が勝利した。

対決の際に勝者メニューは秋のレギュラー化を検討する告知をしていたが、この度めでたくレギュラーメニューとして「平成のロングセラー豚ビビン丼」が登場することとなった。価格は対決時と変わりなく9月3日(火)の午前10時より販売が開始される。旨味たっぷりでピリッとした辛さが食欲を刺激するこの商品は化学調味料や人工甘味料、合成の着色料や保存料など一切無添加で作られており、健康を気遣う人には特にうれしい素材の味を生かしたビビン丼だ。

3. ビビンバとはどんな料理?

今や焼き肉店以外でも提供されるようになっている韓国発祥の料理ビビンバだが、その語源は混ぜるという意味の「ビビダ」とご飯という意味の「バッ」が組み合わさってできたもの。その料理の正体もご飯と色とりどりの具材を混ぜて食べるもので、牛肉の刺身をのせたユッケビビンバや香ばしいおこげが味に深みを増してくれる石焼ビビンバは日本でも人気のメニューだ。

韓国の文献に登場し始めたのは19世紀になってからとのことだが、それよりずっと以前から食されていたとされるこの料理の発祥は様々な説がある。野良仕事の合間に摂る昼食を手軽に済ませるためにご飯の上に色んな食材をのせて食べたのが始まりという説や、忙しい時の宮廷料理として出されていた説、祭典など神事の時のお供え物を皆で分かち合うためにご飯の上に取り分けたという説、余りものを粗末にしないためにのせて食べたのが始まりという説などだ。いずれにせよ広く様々な人々が食べていた伝統ある料理だということは容易に想像することができる。

結論

新旧ビビン丼の対決の結果、今回レギュラーメニューとして復活した「平成のロングセラー豚ビビン丼」は松屋のこだわりが詰まった待望のラインナップだ。松屋に通いなれた方もまだ未経験な方も、これを機にこの秋再び販売が開始されるビビン丼を味わってみていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >