このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

飲みすぎた日にも食べたくなる!?ホームラン軒の新作「あさり出汁ラーメン」

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年9月 3日

世代を超えて人気を集めるカップラーメン、「ホームラン軒」シリーズ。このたび新作「あさり出汁ラーメン」がお目見えする。商品の主役とも言える特製スープは、ベースとなるあさり出汁にポークや魚介の風味を効かせたトリプル仕立て。脂っこくないノンフライ麺との組み合わせで、二日酔いの時でも手が伸びるさっぱりとした味わいに仕上がっている。さっそく新商品について詳しく解説しつつ、ホームラン軒の歴史や魅力、カップラーメンに関する豆知識もご紹介していこう。

1. 新商品「ホームラン軒 あさり出汁ラーメン」の特長

新発売となる「ホームラン軒 あさり出汁ラーメン」は、さっぱりとしたあさりの風味が魅力のカップラーメンだ。あさり出汁をベースに、ポークと魚介の旨味を効かせた特性トリプルスープ仕立てとなっている。

ホームラン軒といえば、脂っこくないノンフライ麺も特長のひとつ。今回の新商品でも、生麺のようなコシのある面を楽しむことができる。また、あさりはアルコールを飲みすぎた際のダメージ回復に効果があると言われている。あさりに含まれるオルニチンやタウリンが、肝臓の働きをサポートしてくれるためだ。さっぱりとしたあさり出汁とノンフライ麺の相乗効果で、まさしく「二日酔いの時にも食べたくなる」カップラーメンと言えそうだ。エネルギー量が273kcalと、カップ麺としてはやや少なめなのも嬉しいポイントだ。

2. みんな大好き!世代を超えてホームラン軒が愛される理由

ホームラン軒の歴史

ホームラン軒シリーズといえば、世代を超えて愛されるカップ麺のロングセラー。一度は食べたことのある人も多いことだろう。ホームラン軒が最初に発売されたのは、今から約33年前の1986年。「スープが旨いラーメン屋」をコンセプトに売り出し、一躍大人気商品となった。その後、焼きそばや袋麺タイプなど新たな形態も販売しながら、現在まで幅広い支持を得ている。

ちなみに「ホームラン軒」の名前は、都内で展開していた伝説の屋台ラーメンの屋号に由来している。赴く先々で大評判となっていた屋台の屋号をいただき、その名のイメージ通り、愛される味わいを提供し続けている。

おいしさの秘密

ホームラン軒のこだわりはスープだけではない。発売当初から採用しているノンフライ麺は、コシがあってまるで生麺のようだと評判だ。

そもそもノンフライ麺は、油で揚げずに熱風で乾燥させた麺のことを指す。緻密に仕上がった麺は、もちもちとしたコシがあるだけでなく、油で揚げた麺に比べてカロリーが低いのもポイント。ダイエットや健康に気を使っている人でも食べやすいカップラーメンとして、ぜひおすすめしたい。

3. 知れば役立つ!カップラーメン豆知識

ちょっとしたアレンジで極上のラーメンに!

お湯を注ぐだけで出来上がる、便利で手軽なカップラーメン。忙しいランチタイムなどにうってつけだが、ここでは少し時間がある時にトライしてほしい、カップラーメンのアレンジメニューをご紹介しよう。

濃いめの味が好みの方には、焼肉のタレに生卵を加えるアレンジがおすすめ。食べ応えたっぷりのガッツリ系ラーメンの出来上がりだ。逆にさっぱり派なら、カップ麺に梅干しをトッピング。お茶漬けのような仕上がりで、胃にも優しい風味になる。

もう一手間加えて、あんかけ風のアレンジも試してほしい。中華だしの素と水を鍋に入れて軽く沸騰させたところに、水溶き片栗粉を加えてあんかけを作り、出来上がったカップ麺に乗せるだけ!手軽に中華料理屋のあんかけラーメンのようなアレンジが完成する。カップ麺にお湯を注ぐ際には、規定の線より5mmほど少なめに入れるようにしよう。

なぜ出来上がりまで「3分」なのか知ってる?

カップラーメンといえば、お湯を注いで「3分待つ」というのがスタンダード。実はこれにはれっきとした理由があるのをご存知だろうか。

当然「3分待つ」のは、カップラーメンのメーカーがベストな出来上がり具合を計算して導き出した時間だが、3分という時間は出来上がりを待つ人の心理的にも程良い時間とされている。というのも、かつて販売されていた「1分でできあがるカップラーメン」は、出来上がるまでの気分の盛り上がりに欠けるとして不評だったという。逆に5分間だと長すぎるという声があり、3分間に落ち着いたという経緯があるのだ。

結論

新作カップラーメン「ホームラン軒 あさり出汁ラーメン」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。ホームラン軒ならではの、スープへのこだわりが感じられる一品。もちもち食感が美味しいノンフライ麺との掛け合いを、ぜひ楽しんでほしい。気になる発売日は9月1日(日)となっているので、要チェックだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ