このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
梅×わさびが絶妙にマッチ!!つい、手が伸びてしまう『梅わさビーフ』新登場

梅×わさびが絶妙にマッチ!!つい、手が伸びてしまう『梅わさビーフ』新登場

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 3日

ファミリーマートで先行発売されている「梅わさビーフ」。山芳製菓はこれまでも「梅わさビーフ」を発売してきたが、今回は紀州産南高梅と安曇野産わさびを使用していることがポイントだ。さっそく新商品について魅力に迫りつつ、紀州産南高梅と安曇野産わさびについても紹介しよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 紀州産南高梅と安曇野産わさびが特徴のポテトチップス

紀州産の南高梅について

紀州産の南高梅は、梅の中でも日本で一番のブランドと言われている。生産地は主に和歌山県で梅の品種の一つ。南高梅は大きさが直径約3㎝くらいあり、口に入れるととろけるような食感で酸っぱすぎず甘すぎないため食べやすいのが特徴だ。

安曇野産わさびについて

安曇野産わさびは、信州・安曇野で栽培されている。約3000mの北アルプスに広がる安曇野は山の中でもとても珍しい複合扇状地の地形をしている。その中でも観光客も足を運べる場所にある大王わさび農場がある。ここでは、わさびソフトクリームやわさびコロッケなども楽しめる。

新商品の魅力

梅とわさびのコラボ商品で、濃厚なビーフの旨味も味わえる!まず、口に運ぶと梅の香りが先に広がって、ビーフの旨味とわさびのツーンとした風味がやってくる。よく見るとポテチチップスに梅パウダーがかかっているのがわかる。

わさびのツーンとした風味が苦手な人でも辛さはあまり感じない商品だ。梅の味が強く、さっぱりしているのでいくら食べても飽きがこないのも嬉しい。数量限定となっているので見つけたら是非、手にとってほしい商品だ。

2. 商品詳細

発売日

2019年8月27日(火)

購入できるお店

ファミリーマート

価格

159円(税込)

栄養表示(1包装当たり)

  • カロリー:328kcal
  • タンパク質:3.6g
  • 脂質:19.5g
  • 炭水化物:34.5g
  • 食塩相当量:1.0g

結論

ファミリーマートから8月27日(火)に発売した「梅わさビーフ」を紹介したが、いかがだっただろうか?わさびと梅の風味がうまくマッチしたポテトチップス。数量限定となっているから急いでチェックしてほしい!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ