このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ごはんがススム!テーブルマークから旨辛キムチ味の国産若鶏から揚げ新登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年9月 6日

ごはんに乗せるだけで抜群のおいしさを引き出す「ごはんがススム キムチ」シリーズ。毎日の食卓でお世話になっている人も多いだろう。このたび、そのシリーズとコラボしたから揚げが登場することになった。「国産若鶏のから揚げ 旨辛キムチ味」の詳細について早速ご説明していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「甘っ、辛っ、うまっ」なおいしさ!ご飯がススムから揚げ!

今回の新商品は、テーブルマークとピックルスコーポレーションによって共同開発されたから揚げである。「ご飯がススム キムチ」とコラボしており、国産若鳥のむね肉が、辛さと甘さの両方を感じるように、絶妙なバランスで味付けされている。

二種類の味のバランスのよさから、いつも以上にご飯がすすんでしまうことは間違いないだろう。調理方法もレンジに対応しているため、気軽におかずの一品として用意できる。仕事で忙しい社会人の時短メニューとしてもおすすめだ。もちろん、ご飯のおかずとしてだけでなく、お弁当やおつまみとしての活躍にも期待が高まる。いずれにせよ、「甘っ、辛っ、うまっ」というおいしさが訪れる瞬間をぜひ体感してみるとよいだろう。

2. 新商品とコラボした「ごはんがススム キムチ」の特徴

今回から唐揚げの新商品とコラボした「ご飯がススム キムチ」についても紹介しよう。国産白菜を100%使用したキムチには、具沢山のヤンニョムが含まれている。リンゴの甘みと鰹節の旨みがご飯と相性よく、どんどんおかわりしてしまいたくなる仕上がりだ。

新商品のから揚げも、さらにご飯をすすめるおかずとしての活躍が期待できる。また、豊富なラインナップが揃っているところも「ご飯がススム キムチ」の魅力でもある。生姜の風味とピリッとした辛さの効いた「ご飯がススム 辛口キムチ」や、4種類の根菜を使用した松前味の「ご飯がススム 松前キムチ」、ちょっとだけ食べたいときにピッタリな「ご飯がススム キムチミニサイズ」などがある。そのほか、「ご飯がススム キムチ」は焼きそばや、冷やし中華、春巻きなどとも相性がよい。お好みでレシピと組み合わせてみるとよいだろう。

3. から揚げのおいしい温め方と含まれている栄養素について

おいしいから揚げの温め方

まず、お皿にキッチンペーパーを敷いて、その上にから揚げを5、6個乗せる。その後、電子レンジで600Wに設定したのち1分間温める。さらに、アルミホイルでお皿を作って、それにから揚げを乗せる。3、4分表面を焼けば温め完了だ。この工程を踏むだけで、外がサクサクして、中がジューシーなから揚げに仕上がる。余って保存したから揚げを食べる際にぜひ試してみるとよいだろう。

から揚げに含まれるイミダペプチドとは

渡り鳥が長距離飛行を続けられる理由は体内のイミダペプチドにあるという。この物質は鳥の体内で作り出され疲労を回復しているとのことだ。当然、イミダペプチドはむね肉にも含まれている。最近スタミナが足りないなと感じるのであれば、ぜひから揚げを食べてみてはいかがだろうか。

結論

「国産若鶏のから揚げ 旨辛キムチ味」を紹介したがいかがだったろうか。ちなみに、新商品は2019年9月1日(日)より発売されている。から揚げを食べてキムチ味の虜になったのならば、ぜひ「ご飯がススム キムチ」の方も食してほしい。どちらもご飯を食べる際に欠かせない存在になってくれるだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ