このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大人気ビスケットサンド「オレオ」から爽やかないちごのフレーバーが新発売!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年9月 9日

ナビスコの定番人気ビスケットサンドの「オレオ」シリーズに、爽やかな甘酸っぱさが特徴の「オレオ クリスピー ストロベリーシェイク」が新たに発売された。「オレオ」といえば小さな子どもから大人まで幅広い層に人気の商品だ。今回はこの新商品の概要と「オレオ」ブランドについて紹介していくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドライいちごによる満足感

今回「オレオ」ブランドから新商品として発売された「オレオ クリスピー ストロベリーシェイク」は、ほろ苦さと香ばしさが特徴のクッキー生地を3㎜まで薄くすることでパリッとした食感へと仕立て上げた「オレオ クリスピー」シリーズの新ラインナップだ。

この生地に挟んだクリームは、ドライいちごを使用することで大胆な果実味と爽やかな酸味を味わうことができ、ミルキーでマイルドな舌触りのクリームはストロベリーシェイクのような風味へと仕上がっている。薄いピンク色のストロベリークリームとココアによる深い色合いのクッキー生地とのコントラストは、それぞれのフレーバーとともに絶妙なコントラストを奏で、見た目も実に可愛らしいる一品だ。

1パック8枚が3パック入りで1箱のこの商品、9月2日(月)より全国にて販売が開始されている。

2. 「オレオ」の歴史

21世紀において世界で最高の販売数を誇る「オレオ」が誕生したのはタイタニック号の海難事故があった1912年、初の販売場所はアメリカのニュージャージー州で缶のパッケージで量り売りされていたのだそう。このビスケットの特徴的なレリーフデザインは、当時真ん中に記された「オレオ」の文字と縁に描かれた花輪というごく簡単なものだった。

今でも「オレオウェイ(Oreo Way)」の呼称で知られているニューヨークの通りは当時ナビスコベーカリーの工場があり、最初の「オレオ」商品が作られていたことから付けられた名前だ。現在では18もの国で作られている「オレオ」、その総数はなんと400億枚を超えており、重ねたその長さは地球をぐるっと5周もしてしまうほどだというから全く驚いてしまう。

そんな「オレオ」ブランドおすすめの食べ方はサンドしているクッキーを外したらまずはクリームを味わって、そのあとミルクに浸して食べるという方法だ。

3. 豊富なアレンジレシピ

「オレオ」を使用したアレンジレシピはとても多く既存の商品にもこのビスケットの味わいを生かしたものが販売されており、「オレオクッキー」の名を冠したアイスクリームやシェイクなどはよく知られているところだ。同様にこのビスケットを使うことで簡単に美味しいスイーツができてしまうアレンジレシピも数多く存在する。

例えば生地に砕いたビスケットを練り込んだチーズケーキや抹茶パウダーを合わせて焼き上げたマフィン、クリームとゼラチンを使ってビスケットを混ぜ合わせたプリン、全粒粉の香ばしさとチョコの風味にビスケットの食感を合わせたブラウニーなどがある。

最近では大勢の料理好きの手によってネットにはまだまだ美味しいアレンジレシピが公開されているので、自分でも「オレオ」を使った味わい深いスイーツを楽しみたいという方はぜひ参考にしてみるといいだろう。

結論

今回の新商品「オレオ クリスピー ストロベリーシェイク」は、薄く仕上げたビスケット生地とさっぱりとした果実感のあるストロベリークリームの楽しい食感と味わい深い風味が味わえる一品だ。友人や知人と囲むティータイムのお供や仕事の合間のちょっと贅沢なおやつに、ぜひこの素敵な味わいを愉しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ