このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

時短で美味しい「そのままガバッと!」シリーズに新作2つが仲間入り!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年9月13日

忙しい現代人にとって、健康的で手の込んだ料理を作るのは至難の技。そんな悩みを解決してくれるのが、「そのままガバッと!」シリーズだ。パウチを開封してすぐ料理に使える食品で、いつもの料理をアップグレードしてくれること間違いなし!このたび新作「ひよこ豆」と「国産マッシュルーム」が発売となるという。さっそく新商品の魅力にせまりつつ、ひよこ豆とマッシュルームに関する耳寄り情報もご紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「そのままガバッと!」シリーズは忙しい現代人の味方!

スピーディー調理で美味しい理由

「そのままガバッと!」シリーズは、開封してそのまま調理できる便利な食品。面倒な下準備の工程をパスできるので、忙しい現代人にはもってこいの商品だ。

「そのままガバッと!」シリーズは、あらかじめ下処理した食材をレトルトパウチや缶に詰め、素材に含まれる水分で蒸し上げるというオリジナル製法を取っている。水煮と違って素材の風味をしっかり保存できるのがポイントだ。現在までに豆類やきのこ、野菜、ひじきを販売し、14種類もの豊富なラインナップで販売している。

新商品「ひよこ豆」「国産マッシュルーム」の特長

「そのままガバッと!ひよこ豆」は、スーパーフードとして注目を集めているひよこ豆をパックした新商品だ。高たんぱく質・低脂肪な上、食物繊維や葉酸が豊富なひよこ豆を、食塩不使用で仕上げている。1袋あたり55gと、スープやサラダなどいつもの料理にトッピングしやすいサイズ感も嬉しい。健康を気にする人にはもってこいだろう。

「そのままガバッと!国産マッシュルーム」は、ユーザーの不満を解消する形で生まれた新商品だ。これまでのパウチ商品に多かった「液切り」の工程をなくすことで、パウチを開けたら手間なく使うことができる。国産マッシュルームなので、品質面も安心だ。旨味と栄養がギュッと詰まったマッシュルームを味わうことができる。

2. ひよこ豆を食べる前に知っておきたいこと

ひよこ豆の保存方法をチェック!

ひよこ豆は様々な形態で販売されているが、それぞれ保存期間が異なるのであらかじめチェックしておこう。例えば乾燥ひよこ豆は、そのままの状態であれば冷暗所で約1〜3年保存がきく。ただし、1日かけて水に漬けて戻し、加熱する必要があるので注意が必要だ。

水煮缶やレトルトパウチはすぐに使えて便利だが、賞味期限は短い。なるべく1度に使い切るか、別容器に移して2日~3日のうちに食べ切ってしまうのがベターだ。

なお、下ゆでした乾燥豆は、冷蔵庫で2〜3日保存することができる。また、冷凍保存すれば1カ月~2カ月間保存することも可能だ。その際には、豆の乾燥を防ぐために煮汁と一緒に冷凍するのがおすすめ。豆と豆に行き渡る程度の煮汁をファスナー付き保存袋に入れたら、煮汁がこぼれないようにしっかりと封をして冷凍保存しよう。

ひよこ豆とレンズ豆は何が違う?

エスニック料理などの食材として注目を集める、ひよこ豆やレンズ豆。ここではその違いについて説明しよう。まずは見た目の違い。ふっくらと丸い形のひよこ豆に対し、レンズ豆は薄い形をしており、よく見ると中央がレンズのように膨らんでいるのが特長だ。さらに調理方法にも違いがある。ひよこ豆は一般的な豆と同じく、茹でる前に乾燥豆から水戻しが必要だが、レンズ豆はその工程が必要ない。食べたい時には乾燥豆の状態から茹でればOKだ。

3. あなたは知ってる?マッシュルーム豆知識

マッシュルームの期間別保存方法

マッシュルームを保存する上でまずチェックしておきたいのが「水洗いは不要」ということだ。菌糸体でできているきのこ類は、水洗いすると菌糸の間に水が入ってしまい、きのこ特有の歯ごたえや風味が失われてしまうからだ。表面に汚れが見られる場合には、キッチンペーパーなどで優しく拭き取るのが良い。

その上で、期間別の保存方法をご紹介しよう。まずは1~2日なら常温でOK。冷蔵庫で保存する場合は、水気を拭き取り軸の切り口やカサのヒダにレモン汁をつけた上で1週間を目安に使い切ろう。冷凍保存する際には厚さ3mmほどにスライスし、レモン汁をふりかけて金属トレイに載せて凍らせ、完全に凍ったら保存袋に入れて冷凍庫に入れよう。保存期間は約1ヶ月となる。

色によってどんな違いがあるの?

マッシュルームには様々な色のものがあるが、それぞれ特徴があるので食べる前にチェックしておこう。まず見た目の美しい「ホワイト種」「オフホワイト種」は、加熱せず生食として食べられることが多い。淡褐色で中型の「クリーム種」は、加熱用として好まれている。同じく加熱用として使われる「ブラウン種」は、褐色で大型のカサが特徴。旨みの元となるグルタミン酸が豊富に含まれ、濃い味と香りを味わうことができる。

結論

「そのままガバッと!」シリーズの新作2商品についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。どちらも9月15日(日)より全国のスーパーにて発売開始となるので、気になった方はぜひ店頭で手に入れてほしい。いつもの料理にプラスするだけで、健康的で美味しい料理にワンランクアップすること間違いなしだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ