このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

濃厚なコクがたまらない!大豆の風味際立つ「無添加八丁味噌」新発売

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年9月23日

あなたは普段どんな味噌を使っているだろうか?なにげなく味噌を選んでいる人にご紹介したいのが、新発売となった「無添加八丁味噌」だ。東海地方特産の豆味噌を無添加で仕上げ、濃厚なコクと旨味を感じることができる。味噌汁だけでなくさまざまな料理に応用できるのも魅力の一つ。さっそく新商品の特長や、豆味噌・八丁味噌についても詳しく解説していこう!

1. 新商品「無添加八丁味噌」の特長をチェック!

新発売となる「無添加八丁味噌」は、東海地方特産の豆味噌を無添加で仕上げた商品。販売するイチビキ株式会社は愛知県に本社があり、本格的な八丁味噌を楽しむことができそうだ。

近年、調理頻度の減少やみそ汁の喫食頻度の低下に伴い、みそ市場は縮小傾向にある。一方で、健康志向の高まりから、無添加で塩分控えめのみそに対するニーズは上昇中。いわゆる「みそ離れ」が進むなか、他のみそに比べて塩分が控えめなだけでなく、テレビで「ちょい足し調味料」としても紹介された豆味噌は、ひそかに注目を集めているのだ。

また「無添加八丁味噌」は、地理的表示(GI)保護制度の規格を満たした商品でもあり、確かな品質が保証されている。ホームページでは、豆味噌を使った美味しいメニューの数々も公開中。大豆の深いコクと旨みを存分に味わうことができるだろう。

2. 原材料は大豆メイン!豆味噌ってどんな味噌?

豆味噌の特徴

豆味噌は、大豆と豆麹、食塩を発酵させて作ったもの。豆味噌の「豆」は、主原料である大豆を表している。大豆ならではの風味が引き立ち、旨みと渋み、若干の苦味が奥行きのある味わいを作り出している。甘みが少ないのも特徴だ。

ここで「味噌は全部大豆から作られるのでは?」と思う人もいるかもしれない。じつは使う麹によって味噌の種類が分かれるのだ。例えば東日本でよく使われる米味噌は米麹、九州発祥の麦味噌は麦麹を使っている。豆味噌は特に東海地方で作られ、味噌汁だけでなく懐石料理の隠し味にも活躍している。

ほかの味噌とは何が違うの?

豆味噌がほかの味噌と異なる点は、まず塩分が控えめであるということ。健康志向の高い人にはうってつけのみそだ。さらに、大豆を主原料としていることで、ほかのみそに比べてタンパク質や旨み成分も多くなっている。また、豆味噌は煮込むほど風味が増すのも特長の一つ。名古屋グルメの味噌煮込みうどんなどが美味しい理由はここにある。そのほか、ちょい足し調味料としても使えるので、味噌汁だけにとどまらずマルチに活躍できるみそと言えそうだ。

3. 「八丁味噌」について知っておきたいこと

そもそも「八丁味噌」とは、東海地方で作られた豆味噌のこと。「八丁」という名は、愛知県岡崎市にある岡崎城から八町(約800m)離れた八丁村で作られた味噌に由来しているという。

見た目が近いということで「赤味噌」と「八丁味噌」が混同することも多いようだが、じつは同じものではない。赤味噌は単純に見た目が赤いみそをさし、原料や製法に特に決まりはない。一方八丁味噌には厳しい基準があり、製法・原料・熟成などに関して国が細かく定める基準を満たしたものでなければ名乗ることができないのだ。

ちなみに、今回の新商品「無添加八丁味噌」は、地理的表示(GI)保護制度の規格も満たしている。これは「商品名から産地を特定でき、品質等の確立した特性が産地と結び付いていることを特定できる名称の表示」を指し、国が商品の品質を保証していることを表している。愛知県生まれの品質の高い八丁味噌を、ぜひ味わってみてほしい。

結論

新商品「無添加八丁味噌」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。すでに8月20日(火)から出荷が開始されているので、気になった人は要チェックだ。味噌汁だけでない、新たな味噌の楽しみ方を広げてくれること間違いなしだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ