このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

マニアも唸る!多種多様なチーズを堪能できるピザバーガーフェア開催中!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年9月22日

ベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスが経営するハンバーガーショップである「J.S.BURGERS CAFE」とのことだ。早速その詳細に迫っていくことにしよう!をご存じだろうか?この度、数多のチーズ好きをうならせるに違いない「ピザバーガーフェア」を開催する

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 個性的なピザバーガーが集結!チーズの種類は最高で8つ!

「J.S.BURGERS CAFÉ」の「ピザバーガーフェア」では、多種多様なチーズを組み合わせたピザバーガーが登場。最もチーズの種類が多いピザバーガーは「8チーズ・マルゲリータバーガー」である。モッツアレラ、カマンベール、クリームチーズなどを含めて、チーズの種類は驚愕の8種類にわたる。

素材にこだわったチーズバーガーはさまざま出回っているが、この商品以上にチーズの種類が多いハンバーガーには出会い難いといえよう。そのほかに、お好みではちみつをかけて甘じょっぱさを堪能できる「5チーズ・ハニーバーガー」や、アメリカンピザを代表するトッピングで満載の「3チーズ・NYピザバーガー」なども見過ごせない逸品だ。新たな食体験をもたらしてくれる「ピザバーガーフェア」は、ハンバーガー好きにはたまらないイベントになることだろう。

2. 全国に12店舗まで拡大中!「J.S. BURGERS CAFE」とは?

「LIFE WITH BURGERS」(ハンバーガーのある生活)とのコンセプトを掲げてグルメバーガーを提供しているのが「J.S. BURGERS CAFE」である。2000年に第1号店がオープンして以来、現在全国に12店舗まで拡大している。こだわりとトレンドを凝縮したハンバーガーショップとして、ほかのチェーン店とは一線を画する存在として知名度を高めている。100%ビーフパティと独自のバンズを用いたハンバーガーを基本としているが、今回のピザバーガーのように個性的な逸品の数々まで発信しているところも魅力的だ。

そのほか、バラエティ豊かなビールを取り扱っているところも他のチェーン店にはない特徴だ。さまざまな特色で溢れていることが、幅広い世代から人気を集め、国外からも注目される理由といえるだろう。

3. アメリカ国民食のハンバーガー、いつ日本に広まった?

ハンバーガーとは、焼いたハンバーガーパディを専用のバンズに挟んだサンドイッチの一種である。アメリカ料理として名高い逸品として知られている。今では当たり前のように数多くのハンバーガーチェーン店が日本の各所で立ち並んでいるが、いったいいつごろから登場するようになったのかは、あまり知られていないのではないだろうか。

ハンバーガーが日本に伝わったのは第二次世界大戦後のことである。長崎のアメリカ海軍佐世保基地に駐留した米軍によって持ち込まれたとされている。その後、日本各地にハンバーガーショップが創業されるようになったという。極めつけは東京の銀座に外資系のハンバーガーショップが上陸したことだ。それを機に、ハンバーガーの人気が爆発的に伸び、テリヤキバーガーなど日本独自にアレンジされたハンバーガーなども開発されるようになったのである。

結論

「J.S.BURGERS CAFE」の「ピザバーガーフェア」は9月10日(火)からすでに始まっており、11月11日(月)まで開催される予定だ。まもなく訪れる食欲の秋を満喫するのにもふさわしいイベントである。早速、多種多様なチーズ満載のピザバーガーを求めて、最寄りの「J.S.BURGERS CAFE」に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ