このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

この春発売した大人気の濃縮液体洗濯洗剤「アタックZERO」に改めて注目!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年9月11日

若手人気俳優らによる「#洗濯愛してる会」のCMが話題となっている4月1日(月)にブランド新ラインナップとして発売された「アタックZERO」シリーズは、8月末までの販売期間5ヵ月で「アタックNeo」シリーズの売り上げ販売数に対し150%という販売実績を積み上げた。これほどの人気となっている新商品の魅力とは一体どのようなところにあるのか、今一度解説していくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「アタックZERO」の製品概要

花王がこの商品名のZEROに込めた意味は大きく3つある。まずは液体洗剤ブランド「アタック」史上最も強力な洗浄力による落としにくい衣類の汚れをゼロにするという点、次に花王が販売しているどの抗菌洗剤よりも優れた消臭力による生乾き臭をゼロにするという点、最後に洗剤が残らないすっきりとした洗い上がりで繊維本来の手触りを可能にした洗剤残りゼロという点だ。

また少ない水でもこれらの特徴を生かすよう成分を配合しており、ドラム式洗濯機用のラインナップでは汚れが再び付着してしまうことのないよう節水にも適したポリマー成分を配合している。ボトルはノズルによる量の調節が可能となるよう設計されており、手を汚すことなく片手で簡単に使用することができる。

シリーズラインナップには通常の「アタックZERO」と「アタックZERO ドラム式専用」ともに本体ボトル・ワンハンドプッシュボトル・大小詰め替え用パックがリリース済みだ。

2. 製品開発のバックグラウンド

昨今のライフスタイルの大きな変化に伴い一般家庭でも大容量の洗濯機が導入されるようになり、環境の変化などでにより部屋干しを余儀なくされるケースも非常に増えている。またエコロジカル志向による節水対策やヘルスケアへの注目度が高まっていることなどもこの製品を生み出した重要な背景へとつながっている。

これらのテーマを踏まえ、花王では「アタック」ブランドを刷新することでこれからの時代やニーズに相応しい新たな洗濯洗剤の開発に取り組んだ結果生まれたのが今回注目している濃縮液体洗濯洗剤の「アタックZERO」シリーズというわけだ。

衣類に付着した汚れを洗い流す洗浄剤の「バイオIOS」は花王による度重なる研究の末新たに生み出したもので、高い分解洗浄力と引き離した汚れを隔離する能力を誇る優れた洗浄成分だ。綿製品と比較して洗濯後の汚れが残りがちな化学繊維が衣類の大半を占める現代においてこの成分をメインとしてこの製品で様々な繊維から効率的に汚れを洗い落とすことができるようになった。

3. ユーザーの反響

今回改めて詳解している「アタックZERO」の持つ3つのゼロへの特徴は多くのユーザーから非常に高い評価を得ている。またこのシリーズに採用されたワンハンドプッシュボトルに至っては、「片手で扱えて簡単・使用量をプッシュする回数で調節できる・液だれせず手が汚れない・ラックやフックに掛けることができる」といった意見が実際に使用する場面とともにSNSなどで投稿されている。

さらにドラム式洗濯機ではこれまで洗濯時の汚れが再付着してしまったり節水での洗濯環境で汚れが落ちにくいといった難点もあったが、これらに関しても「汚れや臭いもしっかり洗い流すことができるようになった・衣類に付着していた黒ずみが感じられなくなった」という好評が寄せられるようになった。

結論

今回改めて詳解してきた「アタックZERO」シリーズの特徴とその人気の理由はお判りいただけたことだろう。これまでの洗濯洗剤の常識を大きく変えることとなった大ヒット商品で、今後の効率的な洗濯を通じて多くの方々に快適な日常生活をお過ごしいただきたいところだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ