このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ハーゲンダッツからこの秋にピッタリな2種類の新商品が期間限定発売!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年10月13日

洗練された上品な味わいが人気のハーゲンダッツから、期間限定の新商品としてクリスピーサンドシリーズより「マスカルポーネ&いちじく ラム酒仕立て」が、さらにミニカップシリーズより「クリーミーバニラプディング」が10月8日(火)より発売された。今回はこの2つの新商品の魅力をお伝えしていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2つの新商品の魅力

マスカルポーネといちじくの深い味わい

中心のソースには心地よい酸味とさっぱりとした甘味のいちじくを使用し、爽やかな風味が特徴のマスカルポーネチーズを濃厚な味わいのアイスクリームに仕立て上げられている。さらに全体をマスカルポーネチョコレートで包み込んでから軽やかな口当たりのウエハースでサンドすることで、バランスの取れた絶妙な味わいと食感を楽しめるのが特徴だ。

ソースとアイスクリームにはほんのりラム酒も効いており、一層エレガントな味へと仕上がっている。10月8日(火)から全国のスーパー・コンビニ・デパートなどで販売が開始されているので、気になった方は早速店頭で探してみてほしい。

クリーミーなカスタードとバニラの味わい

卵とミルクの素材感をしっかりと感じることができる濃厚な味わいのカスタードをたっぷり使用したアイスクリームの表面を、まろやかな甘味と香りのバニラミルクソースで覆うことで、最初のひと口からしっかりとリッチな味わいを楽しめるのがこの「クリーミーバニラプディング」の特徴だ。

また中層にはバニラビーンズシードを加えさらに豊かな風味になったバニラミルクソースが敷かれていることで、最後まで飽きの来ない贅沢なフレーバーを満喫することができる。同じく10月8日(火)から全国のスーパー・コンビニ・デパートなどで販売が開始されているので、こちらも要チェックだ!

2. ハーゲンダッツの歴史とこだわり

1961年にニューヨークで創業を始めたハーゲンダッツの生みの親は、ルーベン・マタスという人物で、彼の完璧を目指すというこだわりはリッチな味わいの高級アイスクリームとして今や世界中に浸透している。

アイスクリーム作りの原材料にはどの家庭にもあるような誰もが使う素材を使うことである「キッチンフレンドリー」の信念のもと安心できるアイスクリームを食べてもらいたいという想いを込めており、バニラアイスクリームの原料は5つだけというこだわり様だ。

また厳選を重ねた素材探しで使用するバニラビーンズはマダガスカル産のレッドビーンズのみだったり、数々のラインナップを支えるミルクには放牧地の土壌や一頭ずつ手をかけて飼育をしている農家から仕入れ、各種フレーバーのもととなる副原料にも素材探し・商品開発ともに一切妥協することなく本当に美味しいアイスクリームを心がけて提供している。

ちなみに日本で販売が開始されたのは1984年で、日本で初めて商品化されたクリスピーサンドは今や世界中で親しまれるシリーズの1つとなっている。

3. 日比谷シネマフェス with ハーゲンダッツ開催!

ハーゲンダッツと野外シアターのコラボイベント第2弾が10月18日(金)と19日(土)に開催される。このイベントでは広い空間の中で上映される映画を鑑賞しながら、配布されるハーゲンダッツクリスピーサンドから4つの異なるフレーバーを無料で味わえるというものだ。

サンプリングとして配布されるフレーバーは今回の新商品「マスカルポーネ&いちじく ラム酒仕立て」のほか「キャラメルクラシック」「紫イモのタルトレット」「ウィークエンドシトロン 焦がしバターのレモンケーキ」の4品を合計1万2千個という大々的なもの。

開放的な空間で今話題の人気映画を鑑賞しながら、ハーゲンダッツこだわりの美味しさが詰まったラインナップをじっくりと味わってみてはいかがだろうか。

結論

今回期間限定で発売された「マスカルポーネ&いちじく ラム酒仕立て」と「クリーミーバニラプディング」は、ハーゲンダッツのこだわりでより一段と贅沢な味わいへと進化した新ラインナップだ。食欲の秋にピッタリの濃厚かつ繊細な味わいで、いつもと違った贅沢なひと時を満喫していただきたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ