このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カルビー「Jagabee」にわさび風味の大人の味わいが期間限定で新発売!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年10月16日

カルビーの人気商品「Jagabee」が、永谷園のロングヒット商品「おとなのふりかけ」より定番の味として親しまれているわさび味とコラボし「Jagabee おとなのふりかけわさび味」として登場した。今回はこの新商品の魅力とともに「Jagabee」と「おとなのふりかけ」のブランドについて解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 和風テイストに生まれ変わったポテトスナック

ジャガイモ本来の風味や食感を味わうことができる「Jagabee」シリーズのコラボ新商品フレーバーに選ばれた「おとなのふりかけわさび味」は、心地よいわさびの刺激と味わいにその風味を引き立てる決め手となっている海苔の存在感が織りなす複雑な美味しさが特徴だ。

この和のテイストを纏った新商品「Jagabee おとなのふりかけわさび味」は、「Jagabee」の醍醐味であるジャガイモ本来の美味しさとサクサク感とホクホク感の2つの口当たりに刺激的な味わいと深い風味を与えてくれている。

ラインナップは1カップ38g入り219kcalのパッケージと、個包装15g入り87kcalを5つで1パッケージの2つだ。カップパッケージは税込想定価格140円で全国コンビニで販売され11月末に終了予定、5袋入りパッケージは税込想定価格220円でコンビニ以外の全国で販売され12月上旬に終了予定となっている。

2. 「Jagabee」と「おとなのふりかけ」のブランド紹介

「Jagabee」について

2006年に誕生した「Jagabee」はそれまで販売されていたポテトスナックとは全く異なり、皮ごとカットしたジャガイモを使用することでサクッとした食感とともに独特のホクホク感を味わうことができるよう工夫された斬新なポテトスナックとして発売された。

当初はジャガイモの旨味をシンプルに味わえるしお味での誕生だったが定番のフレーバー以外にもフロマージュ味・ジェノベーゼ味などちょっと贅沢なフレーバーが登場したほか、地域限定のご当地フレーバーとして手羽先味・たこ焼き味・ゆず明太子味なども販売されている。

「おとなのふりかけ」について

平成というひとつの時代とともに歴史を重ねてきた「おとなのふりかけ」シリーズは誕生から30周年を迎えるロングヒット商品だ。大人にこそじっくり味わってもらいたい複雑な味わいが魅力のこのブランドからは、定番の本かつお・紅鮭・わさび・焼きたらこや一風変わった力士味噌味、ちょっと贅沢な風味が楽しめる薫るトリュフ味がある。

このほかアソートパックでしか味わえないテイストもあり、日々の食卓にその時々によって違う味を選ぶ楽しみを提供してくれる。

3. ジャガイモとわさびの相性

日本でわさびと言えばまず連想されるのは、刺身やお寿司など海の幸との相性の良さだが、ジャガイモとわさびの相性の良さも数々のわさびテイストのポテトスナックが定番フレーバーとなっていることで既に認められているところだ。

普段の料理としてもその相性の良さを生かしたレシピが各食品メーカーが考案し公開している。例えばジャガイモのクリーム煮やマヨネーズ焼きのアクセントとしてわさびを入れたり、海苔とチーズのソースにわさびを加えて蒸したジャガイモと絡めたりといったものだ。

いつものジャガイモを使った料理の味付けをちょっと変えたいと思ったら、ジャガイモの美味しさを引き立ててくれるわさびを使ってオリジナルのアレンジレシピを作り出してみるのもいいだろう。

結論

今回の新商品「Jagabee おとなのふりかけわさび味」は、ジャガイモの美味しさを海苔で際立ったわさびの落ち着いた風味で引き立てたラインナップだ。コンビニ対象ラインナップとコンビニ以外の店舗対象のラインナップともに期間限定で今だけしか味わうことができないこの「Jagabee」の入手を逃す手はない。この機会に一度は味わっていただきたいところだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ