このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「ベビースタードデカイラーメン」×「天下一品」コラボに待望の新作登場!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年10月29日

あの「ベビースタードデカイラーメン」と「天下一品」がコラボする大人気企画から、新作が発売となった。今回で7回目を迎える今回は、より「天下一品」の風味を忠実に再現しているという。一体どんなスナックに仕上がっているのだろうか?さっそく新商品の魅力を深く掘り下げつつ、ロングセラースナック「ベビースターラーメン」の魅力や、「天下一品」についても詳しくご紹介していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 今回で7回目のコラボ!新作のポイントは?

新発売となる「ベビースタードデカイラーメン(天下一品こってり味/天下一品味がさね味)」は、大人気コラボ商品の第7弾だ。2012年からスタートしたコラボ企画だが、今回は天下一品の味をより忠実に再現している。「天下一品こってり味」では、鶏ガラスープの旨味が凝縮された麺に、お店で実際に使われているスープで味付け。「天下一品味がさね味」は、旨味たっぷりの麺に、こちらもお店で使われている「味がさねスープ」で味付けをし、風味豊かに仕上げた。どちらも、これまで以上に天下一品の濃厚な味わいをダイレクトに感じることができるだろう。

新商品の発売に合わせて、オリジナルグッズのプレゼントキャンペーンも展開される。パッケージ裏面の応募券1枚を一口として応募すると、抽選で「天下一品」とベビースターのロゴ入りラーメン鉢&チャーハン皿セットが総計100名に当たるというものだ。ファンとしてはこちらも見逃せない企画になりそうだ。

2. 今年で発売60周年!ベビースターラーメンについて振り返る

歴史

ベビースターラーメンは、今から60年前の1959年生まれ。天日干しで即席麺を作っていた際にこぼれ落ちる麺を見て「もったいない」という声が上がったところから、商品の発売につながった。もともとは細麺タイプのみの販売だったが、ポロポロこぼれて食べにくいという声を受け、幅広麺タイプの「ドデカイラーメン」が登場。さらに、一口サイズの「ラーメン丸」も誕生するなど、時代に合わせて進化を続けている。

ちなみに現在のパッケージに登場している「ホシオくん」は、三代目のキャラクター。1988年から活躍し、馴染みの深い人も多いであろう「べイちゃん」は、2016年をもって引退している。今年はベビースターラーメン発売60周年ということで、さまざまなキャンペーンも展開されているので要チェックだ。

楽しみ広がるアレンジレシピ

ベビースターラーメンは、お菓子やおつまみとしてそのまま食べるのも良いが、アレンジの幅が広いのも魅力。おやつカンパニーのホームページでは、ベビースターラーメンを使った様々なレシピが、その名も「ヤベイビー!クッキング」というタイトルで公開されている。例えば、ベビースターの美味しさを最大限に生かした「塩そばめし」や、「ベビースターアイス」などの変わり種、最近流行りの「チーズハットグ」など、アレンジの仕方は自由自在。気になる方はぜひ、ホームページをチェックしてみてほしい。

3. こってり自慢!天下一品の歴史と魅力

全国に234店舗を展開する、大型ラーメンチェーン「天下一品」。一度は訪れたことのある人も多いのではないだろうか。「天下一品」は昭和46年、京都でラーメン屋台として誕生した。創業者である現在の会長が、勤めていた会社が倒産したことによりゼロから始めた屋台だったが、試行錯誤の末に秘伝の「こってりスープ」を開発。瞬く間に人気ラーメンチェーンへと成長していった。

そんな「天下一品」の代名詞とも言えるこってりスープのほかに、最近では「味がさね」も仲間入り。こってりベースのスープに合わせる麺は専用の太麺で、具材には白菜と豚バラを使用している。さらに白ごまやおろしニンニクなど「別添え薬味」を加えれば、自分だけのオリジナルアレンジも楽しむことができる。「味がさね」は一部店舗のみでの販売となるので、気になった方は事前にホームページで店舗情報を確認してから出かけよう。

結論

おやつカンパニーの新商品「ベビースタードデカイラーメン(天下一品こってり味/天下一品味がさね味)」についてご紹介してきたが、いかがだっただろうか。すでに9月23日(月)より販売がスタートしているので、気になった方はスーパーやコンビニなどで手に取ってみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ