このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おなじみの文具糊フエキくんが意外なコラボ!なんと中身はふりかけ!?

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年10月11日

銘菓や文具などのコラボをはじめとする、数々のユニークなラインナップでその度に注目を集める株式会社ヘソプロダンクションが今回も意外な組み合わせの新商品を発売する。可愛らしいフエキくんの入れ物が目印の人気文具糊と定番ふりかけののり玉とのコラボ商品「フエキのり玉ふりかけ」だ。さっそくこの興味深い新商品についてみていくとしよう!

1. フエキどうぶつ糊とのり玉のコラボ

この度紹介する「フエキのり玉ふりかけ」は、フエキくんというお馴染みのキャラクターパッケージに、人気の定番ふりかけのり玉が入ったもので、糊と海苔をかけたユニークな発想でこの度商品化された。フエキどうぶつ糊は100%トウモロコシが原料のでんぷん糊で、フエキくんキャラクターはこれまでにも数々の文具やハンドクリームなどのグッズとコラボして発売されてきた。

8月に開催された国内最大の文具見本市で数量限定での先行発売でも、大人気で即時売り切れとなったこの商品、今回の販売では内容量60gに小さな専用スプーンが付いて税抜780円のレギュラーサイズと内容量20gで税抜600円のミニサイズが用意されている。10月上旬より全国バラエティショップやお土産店にて随時販売開始されているとのことだ。

2. ヘソプロダクションってどんな会社?

「やりたいことで世界を切り開くヘソ集団」というメッセージを掲げ日用雑貨とお菓子の数々をコラボするのがこの株式会社ヘソプロダクションで、そのキャッチコピーは「種も仕掛けもある雑・菓企業」というものだ。

これまでにも大変個性的なコラボ商品を生み出しており、歴史的銘菓とコスメグッズのコラボ商品や食品と文具のコラボ商品、国民的キャラクターたちと日用品や食品とのコラボグッズなどを発売してきた。

豊かな発想とモノづくりへの様々なこだわりや工夫をもってユーザーに「なるへそ」を届ける努力を続けているこの会社はバカバカしいことを本気でやるという情熱をもって「ヘソづくり」に取り組んでいる。

3. ふりかけの歴史

国民的なご飯のおかずは様々あるが、その中でもふりかけは手軽に美味しくお米を食べられることで味の好みはあるものの誰もが好きな食卓のお供と言えるだろう。

そんなふりかけが生まれたのはおよそ100年ほど前の大正時代と以外にも近い。さらに驚いてしまうのは、ふりかけの生みの親は何と薬剤師なのだそうだ。当時熊本の吉丸末吉という薬剤師が栄養が不足しがちな食生活を改善するにはどうしたらいいかと考え、魚の骨を細かく粉末にしたものにごまやのりなどを加えて風味よく食べられるようにしたのが始まりで、これをもとにして現在のふりかけの元祖といえる「御飯の友」が商品として売られるようになった。

今では特産を生かしたその地ならではのふりかけもたくさん登場するようになり、毎年「全国ふりかけグランプリ」という日本一のふりかけを決定するイベントも開催されている。今年は11月9日(土)・10日(日)に川崎競馬場にて開催予定とのことだ。日本中から集まった変わり種のふりかけを楽しみたい方はぜひイベントに参加してみてはいかがだろうか。

結論

今回紹介してきた「フエキのり玉ふりかけ」は、昔ながらのキュートな文具キャラと日本人にとって定番の人気食品とのコラボ商品だ。先行販売であっという間に売り切れてしまったほどのこのユニークなふりかけは家庭や職場はもちろん、お出かけや大勢での食事も一段と楽しい気分にさせてくれることだろう。ぜひこの機会に手に入れて味わっていただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ