このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キムチファンも感涙!「ご飯がススムキムチ」がスナック菓子になって新発売!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年10月12日

あの「ご飯がススムキムチ」シリーズに新たな新商品が加わることになった。「ご飯がススム 柿の実」である。最大の特徴はスナック菓子として発売されることだ。ご飯がススムキムチの味をどのように再現しているのか、早速新商品の魅力に迫っていこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新商品はご飯の時間以外にもキムチの味を楽しめるスナック菓子!

株式会社ピックルスコーポレーションと阿部幸製菓株式会社によって共同開発された新商品は、多くの人々に親しまれ続けている「ご飯がススムキムチ」の味を気軽に堪能できるスナック菓子である。柿の実と題したスナック菓子の登場によって、「ご飯がススムキムチ」をご飯の時間だけでなく、おやつの時間にも食べられるようになった。キムチ好きにはなんともたまらない逸品といえよう。

キムチの味は甘口に仕上げられているため、辛い物が苦手な方でも食べやすいという魅力的な一面もある。そのほか、さらに食べやすい工夫として個包装のデザインを採用している。一つひとつが25gの食べきりサイズなので、食べ飽きて途中で余りにくいという点も気軽で嬉しい。小腹がすいた時や、家族でおやつを楽しみたい時などにぜひ取り入れてみてはどうだろうか。

2. 「ご飯がススムキムチ」のおいしさの秘訣とイメージキャラクターについて

「ご飯がススムキムチ」のおいしさの秘訣

「ご飯がススムキムチ」はその名の通りご飯がどんどん進んでしまう逸品として知られている。箸が止まらなくなってしまう理由の一つがその風味にある。ふんだんに使用されたリンゴの甘みと、かつお節をはじめとする魚介の旨みが相まって、こってりとした味わいを繰り広げる。保存料や合成着色料を使っていないところも自然な甘みを引き出す秘訣なのだろう。

イメージキャラクターのススムくんについて

新商品のパッケージには「甘っ、辛っ、うまっ!」とキムチの味を楽しんでいる男の子が描かれているが、どのようなキャラクターなのか気になる人もいることだろう。このイメージキャラクターはススムくんという、小学5年生のサッカー少年で、「ご飯がススムキムチ」をご飯にのせて食べるのが大好きでだんだそうだ。

3. 意外と知らないキムチの歴史

人類は、農耕生活で穀物を食べるようになるにつれ、栄養バランスを摂取しやすい野菜も食べるようになったことが知られている。しかし、野菜は季節によって生産が難しい。そこで、寒い冬でも野菜を食べられるように、塩漬けにする方法が自然と編み出された。

ちなみに韓国では7世紀に塩漬け野菜としてキムチが食されていたようだ。当初は漬け汁ごと食すのではなく、絞ったり洗ったりする必要があったとされているから興味深い。朝鮮時代になると唐辛子が伝来し、18世紀ごろに唐辛子入りのキムチが登場した。続く18世紀後半には、塩辛の入ったキムチも見られるようになる。そして19世紀末になるとキムチに白菜が加わり、その後は、梨やサザエといった海鮮類も加わっていく。

具が時代に合わせて変遷していくところがキムチの歴史の面白い部分といえよう。

結論

「柿の実 ご飯がススムキムチ風味」の魅力とともに「ご飯がススムキムチ」のおいしさの秘訣を紹介したがいかがだったろうか。「ご飯がススムキムチ」には通常のキムチ味のほかに辛口味が存在している。キムチに辛さを求めるのであれば、ぜひそちらも試してみるとよいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ