このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

一粒でパクっ!?お湯を使わずにブタメンを堪能『ブタメン丸』

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年10月15日

小腹を満たすのに駄菓子屋でブタメンを食べた思い出をお持ちの方は多いだろう。そんな懐かしさを感じるブタメンに新展開が見られた。なんとベビースターラーメン丸とコラボし、お湯を注がなくても食べられるようになったのだ。早速、ブタメン丸の詳細に迫っていくことにしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お湯を注がなくても食べられる!?ブタメンの味がもっと気軽に!

ミニカップラーメンのブタメンをさらに気軽に味わえるようになった新商品が「ブタメン丸」である。つまめるラーメンスナック菓子として親しまれているベビースターラーメン丸とコラボして誕生した。

ブタメンは通常お湯を注がなければ食べられない。しかし、新商品はラーメン丸と同様にパッケージをあけてそのまま中身を食べられるようになっている。また、二種類の風味があるところも注目ポイントだ。とんこつ味とタン塩味からお好みで選べる。

見過ごせないイベントとして、ブタメンオリジナルQUOカードキャンペーンが開催されている。フタの裏にアタリがあれば、なんと2000円分のQUOカードを入手できる。販売価格はおよそ130円と気軽に楽しめる製品なので、ぜひQUOカードを狙ってみるとよいだろう。

2. 小腹がすいた時の味方!ブタメンの特徴とラインナップ

ブタメンは小さい子供から人気を集めているミニカップラーメンである。小腹がすいたときにお湯を注ぐだけで気軽に食欲を満たすことができる。カップラーメンよりはるかに小さい大きさに特徴があり、食べきれないで余る心配もいらないのが魅力的だ。

また、豊富な種類が展開されているところが飽きづらい理由の一つといえるだろう。まず、定番の味がとんこつ味だ。コクのあるこってりスープをおやつとして楽しめるのは画期的。そのほか、しょうゆの香ばしさが食欲をそそるしょうゆ味や、あっさりしつつもコクを感じるタン塩味、カレー風味の強くきいたスープがたまらないカレー味などもある。

3. とんこつラーメンが美味しいのはなぜ?

ブタメンの定番の味はとんこつ味であることに触れたが、そもそもとんこつラーメンにはどのような特徴があるのだろうか。とんこつラーメンのスープは、豚骨を釜の中で強火で長時間煮込み、その成分を抽出させることで、白く濁った濃厚な味わいが特徴だ。

濃厚に仕上がる理由として豚骨に含まれるイノシン酸や、脂肪、ゼラチンが関係している。イノシン酸が旨みをもたらし、脂肪やゼラチンがとろっとしたコクを出す。そして、最終的にそれらが相まって独特の美味しさを生じさせるというわけだ。しかし、骨特有の臭みが出てしまうことも知られている。そのため、紅生姜やにんにくなどが使われることが多いのだそう。とんこつラーメンの臭いが気になる方は紅生姜やにんにくの量を調整してみるとよいだろう。

結論

「ブタメン丸」の特徴や魅力をお伝えしたがいかがだったろうか。ブタメンとラーメン丸が好きである人にとってたまらない逸品であったといえよう。「ブタメン丸」はとんこつ味、タン塩味ともに2019年10月7日(月)より全国で発売中である。しょっぱいものが食べたいときや小腹を満たしたいときなどにぜひ食べてみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ