このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

AIが味を開発!?今アメリカで注目のリラクゼーションドリンクが日本に上陸!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年11月 9日

アメリカ市場で急成長中のリラクゼーションドリンクをご存じだろうか。日本ではまだ馴染みのないドリンクといえるが、その筆頭と呼べる存在が新登場することになった。早速、リラクゼーションドリンクの「チルアウト」の詳細をお届けしていこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. AIが開発したリラクゼーションフレーバーで冷静になれるドリンク!

このたび、日本コカ・コーラが出資する合同会社Endianがリニューアルするリラクゼーションドリンクが「チルアウト」である。Chill Outとは英語で冷静になるという意味だ。新商品の最大の特徴は、AIが開発したリラクゼーションフレーバーにある。飲んだ瞬間、口の中に風味がじんわりと広がっていき、シトラスをはじめハーブやフルーツのような香りと、清涼感のあるクーリングフレーバーが相まり、高ぶった気持ちを落ち着かせてくれる。その感覚はお茶やコーヒーを飲んだときと似ているため、仕事や家事をはじめ長時間のPC作業などで疲れたときのリフレッシュに適した仕上がりといえよう。また、従来と比べて15キロカロリーカットされている点にも注目だ。スッキリしていて甘すぎないことから、飲み続けても飽きづらいという特徴もある。

2. アメリカで人気沸騰中!リラクゼーションドリンクとは?

リラクゼーションドリンクはアメリカのカリフォルニア州を中心に急成長している飲み物である。アーティストやクリエイターなどから特に人気を集めているのが特徴的だ。リラックスして力を発揮するように促すドリンクという点で、アグレッシブなイメージのあるエナジードリンクとは真逆の存在といえよう。そんなリラクゼーションドリンクは、2018年の時点で約200億円の市場規模となっており、2026年には約1,000億円にまで成長すると見込まれている。

日本ではまだ浸透していないが、Endianが行った調査によると、エナジードリンクを飲んでいる人の約3割がリラクゼーションドリンクに興味を持っていることが判明した。チルアウトの新登場によって、日本でもリラクゼーションドリンクが当たり前のように飲まれる時代がやってくるかもしれない。

3. エナジードリンクの各種成分とラインナップについて

エナジードリンクの成分

エナジードリンクの主成分として知られているのは、脳や体の活動維持に欠かせないエネルギーの「砂糖」や、覚せい作用やリフレッシュをもたらす「カフェイン」、ブドウ糖がエネルギーに変わるのを促進させる「ビタミンB群」である。そのほかに、疲労回復に役立つ「アルギニン」や、眠気覚ましに適した「ガラナ」などもある。

エナジードリンクのラインナップ

「翼をさずける」というキャッチフレーズで知られているレッドブルは、世界160か国以上で販売されていて、アルギニンが120mg配合されている。北米産のエナジードリンクのモンスターエナジーは、スタミナ補給に適した高麗人参が配合されていて、バリエーションが豊富な点も魅力的だ。そのほか、炎をイメージとしたマークが特徴的なburn(バーン)は、アルギニンやガラナエキス、アサイーエキスなど豊富な成分を含有している。

結論

「チルアウト」の魅力を紹介するとともにリラクゼーションドリンクの概要をお伝えしたがいかがだったろうか。チルアウトは2019年10月29日(火)よりオンラインストアや都内における一部の店舗で販売開始となっている。エナジードリンクと飲み比べてその違いを比較してみると新たな発見があるかもしれない。ぜひ飲み比べてみるとよいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ