このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ほっともっと新作!冬に嬉しい贅沢「すき焼き弁当」で温まろう!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年12月 3日

豊富なメニューの持ち帰り弁当を提供している大手チェーンほっともっとから、この度寒い冬に人気の定番料理の一つであるすき焼きをメインにした「すき焼き弁当」が発売された。今回は、具材や出汁の旨みがじっくり味わえるこの新商品の魅力をさっそくお伝えしていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 贅沢なあったか弁当で自分にご褒美

このたび発売された「すき焼き弁当」は、本醸造の醤油と深みのある甘味が特徴のみりんからできた割り下で牛肉・木綿豆腐・白菜・春菊・玉ねぎといった食材を煮込み、しっかりと味を染み込ませることですき焼きならではの味と香りを存分に楽しめる弁当に仕上がっている。野菜は1日分の摂取目標量(厚生労働省「健康日本21(第二次)」を基に算出)の半分を使用しており、肉と豆腐の味わいが野菜の旨味と相まってご飯が進む一品だ。

さらに牛肉の量を2倍にした「特すき焼き弁当」も発売されており、別途用意されている生卵を加えればスタミナたっぷりの弁当が堪能できる。また、この2つのラインナップはご飯をもち麦ごはんに変更することも可能だ。

おかずとなるすき焼きは、ほっともっと独自の保温容器で温かい状態で提供され、「すき焼き弁当」の価格は税込590円、「特すき焼き弁当」は税込790円、またトッピングの生卵は税込60円、もち麦ごはんに変更の場合は税込でプラス30円にて11月15日(金)より提供されている。なお、トッピングの生卵は12月31日まで期間限定で無料となっているようなので、ぜひお試しいただきたい。

2. 「すき焼き弁当」の気になる栄養分は?

新作「すき焼き弁当」および「特すき焼き弁当」の栄養分は以下の通りだ。

「すき焼き弁当 ライス普通盛り」

カロリー:784kcal
炭水化物:115.2g
たんぱく質:26.6g
脂質:25.9g
食物繊維:8.2g
塩分量:5.0g
糖質:107g

「すき焼き弁当 生卵付き」

カロリー:860kcal
炭水化物:115.4g
たんぱく質:32.8g
脂質:31.1g
食物繊維:8.2g
塩分量:5.2g
糖質:107.2g

「すき焼き弁当 もち麦ごはん普通盛り」

カロリー:809kcal
炭水化物:119.2g
たんぱく質:27.6g
脂質:26.4g
食物繊維:8.7g
塩分量:5.0g
糖質:110.5g

「特すき焼き弁当」

カロリー:973kcal
炭水化物:118.5g
たんぱく質:37.4g
脂質:40.6g
食物繊維:8.2g
塩分量:5.9g
糖質:110.3g

3. すき焼きをより美味しく食べるために

関東風・関西風で作り方が分かれていることが特徴的なすき焼きだが、その違いをご存知の方はいるだろうか。割りしたをもとに肉と野菜を同時に煮込んでいく関東風に対し、鍋で牛肉を焼く工程から砂糖や醤油などの調味料を加え、味付けをしていくのが関西風の特徴だ。
この記事もCheck!

結論

年末に向けて何かと忙しいこれからに栄養を付けられるこのスタミナたっぷりのあったかメニュー「すき焼き弁当」と「特すき焼き弁当」は、特に日々の食事に悩む人にとっては有難いの一言に尽きるところだ。この寒さ深まる季節に美味しい温かスタミナラインナップで、ぜひ明日からの活力を取り戻していただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ