このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Jagabee史上最も売れた『塩とごま油味』がファン待望の再販決定!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年11月23日

じゃがいもの素材を楽しめるのはポテトチップスだけではない。その代表格がカルビーによって開発されたじゃがいもスティックのJagabeeといえよう。このたびJagabeeからごま油を用いた商品がリニューアルされることになった。早速、その特徴や魅力をお伝えしていこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ほくほく感に塩とごま油の旨みが加わる!お酒のおつまみにもおすすめ

Jagabeeには数多く種類があり、いずれもオリジナリティーであふれる特徴で人気を集めているが、「Jagabee 塩とごま油味」はその中でも特別な存在だ。2018年に発売された期間限定Jagabeeの中で最も高い売り上げを達成し、再発売を待ち望む人が多かったとのこと。

ごま油の香りと塩味が相まって、おやつだけでなくお酒のおつまみにも適した仕上がりとなっている。もちろん、Jagabeeならではのほくほく感も健在だ。パッケージは朱色の背景に金色の帯を取り入れ、エレガントな雰囲気をまとっている。

中央に位置するごま油と塩の写真は、味わう前から風味を連想させてくるデザインだ。近年はごま油に興味を持っている人が増えているという。Jagabeeの新商品を通してごま油の魅力をあらためって発掘してみてはどうだろうか。

2. Jagabeeとは?名前の由来や商品の種類について

Jagabeeは、カリッとサクサクした食感の後にホクホク食感も楽しめるじゃがいもスティックだ。じゃがいもの皮もついていて、素材感であふれている点も魅力的な一面といえよう。名前については、じゃがいもの「じゃが」とカルビーの「ビー」を組み合わせて付けられている。

塩味がほどよくきいたうすしお味が定番であるが、そのほかにも見過ごせないラインナップが展開されている。たとえば、バターとしょうゆのバランスが絶妙なバターしょうゆ味や、4種類の素材を組み合わせたしあわせバター味などがある。地域限定品の種類も豊富で、手羽さき、たこ焼き、ゆず明太子などテーマはさまざまだ。そのほかにも紹介しきれないほど種類があるため、興味を持ったらぜひカルビーの公式HPを除いてみるとよいだろう

3. ごま油に種類があることを知ってた?色と香りが異なる3種類を紹介

ごま油はごまの煎り具合によって種類が異なることをご存じだろうか。時間をかけて煎るほど油の色が濃くなり、香ばしくなることが知られている。ここからは具体的に3種類のごま油を紹介しよう。

焙煎ごま油

高温で焙煎されたごま油で、香りが強く茶褐色の見た目をしているのが特徴的だ。炒め物や和え物などに使うと食欲を引き立てやすくなる。

低温焙煎ごま油

低めの温度で焙煎されたごま油で、ナッツのような甘い香りをまとい、料理に使うと上品な味わいに仕上がる。色は焙煎ごま油と比べて薄く、琥珀色に近い。

太白ごま油

ごまを生のまま搾って精製した油。無色である点に最大の特徴があり、スッキリした味でサラサラしている。料理に使用された素材本来の味を楽しみたい場合におすすめだ。

結論

以上、「Jagabee 塩とごま油味」の特徴をはじめ、ごま油の種類について解説した。普段ごま油を使わない人にとっては、透明なごま油があることは意外な事実であったに違いない。リニューアルされたJagabeeの発売を気に、ごま油の魅力を体感してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ