このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

話題のサブスク離乳食「Mi+ミタス」がより美味しく便利にリニューアル!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年11月20日

上質なベビーフードが手元に届くサブスクリプションサービス「Mi+ミタス」が、12月にリニューアルする。子どもの成長に不足しがちな栄養素を強化しただけでなく、美味しさや便利さもアップデート。小さなお子さんのいるご家庭には嬉しいリニューアルだ。さっそく商品やサービスの魅力について、詳しく掘り下げていこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しさと便利さ、安全面も強化!「Mi+ミタス」リニューアルのポイントは?

「Mi+ミタス」は、小さなお子さんがいる家庭に心強い、離乳食のサブスクリプションサービスだ。今回のリニューアルでは、大きく3つのポイントがアップデートされている。

1つ目は、プロ監修のもとで栄養面を強化したこと。詳しい内容は、次項で詳しくご紹介しよう。

2つ目は、持ち運び可能なパッケージへの変更だ。従来のパッケージは冷凍保存専用で、開封後は一度で使い切る必要があったが、リニューアル後はキャップ付きになり、常温保存も可能に。赤ちゃんを連れての外出時には大変便利だ。

3つ目は、離乳食の硬さや大きさが月齢ごとの成長に対応したこと。これまでは月齢ごとに野菜の種類が変わるのみだったが、リニューアル後は硬さやすりつぶし具合も月齢に応じて変化し、さらにお子さんの成長度合いに合わせて選択することも可能になった。

2. 実はこどもが栄養不足!?「Mi+ミタス」が離乳食の栄養にこだわる理由

今回のリニューアルでは「Mi+ミタス」の栄養強化が一つの目玉になっている。その背景には「成長期の子供に必要な栄養素が不足しがちである」という驚きの事実があるのだ。

厚生労働省が行った平成27年度 乳幼児栄養調査によると、「子どもの食事で特に気をつけていること」でトップに上がったのは「栄養バランス」(72.0%)だった。一方で、「Mi+ミタス」を展開する株式会社 MiLが行った調査によると、自宅で作る食事や既存の離乳食は、子供の成長に必要な栄養素が不足しがちであることがわかっている。特に不足しがちなのが鉄分、ビタミンD、カルシウムだ。

そこで今回のリニューアルでは、小児科医の工藤紀子氏と管理栄養士 唐澤弥子氏が監修に参加。不足しがちな栄養に着目してメニュー強化を行っている。忙しい毎日でもお子さんの成長や健康に気を配りたい親にとっては、嬉しいリニューアルと言えるだろう。

3. SNSでも話題沸騰中!「Mi+ミタス」の魅力をご紹介

小児科医×管理栄養士×シェフがコラボした極上の味

「Mi+ミタス」は、栄養素だけでなく美味しさや安全性にもこだわったベビーフードだ。そのまま食べさせるにも調理するにも便利なピューレ状で手元に届くので、小さなお子さんのいる忙しいご家庭にはうってつけだ。

商品開発には小児科医、管理栄養士に加え、実際にレストランで腕を振るうフレンチシェフが参加し、美味しさはお墨付きだ。使用する食材はフルオーガニックで、もちろん調味料や添加物は不使用。放射能や細菌検査など、安全管理体制も万全だ。栄養と美味しさ、安全性にも配慮した、まさに極上のベビーフードなのだ。

どうすれば注文できる?

「Mi+ミタス」は店舗販売は行わず、オンラインの通販のみで販売を行っている。商品は1ヶ月ごと20食入り11,980 円(税別)もしくは2週間ごと10食入り5,980 円(税別)となっている。

またインスタグラム等のSNSを使って、ユーザーとのコミュニケーションに力を入れているのもポイント。今回のリニューアルも、ユーザーの「こんな製品がほしい」という声から実現したもの。オンライン販売ならではの強みを生かした商品づくりも魅力の一つだ。

結論

リニューアルとなったサブスク離乳食「Mi+ミタス」についてご紹介してきたがいかがだっただろうか。12月にリニューアルするので、気になった方はぜひサイトを訪れてみてほしい。お試し注文もできるので、一度利用してみたい人におすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ