このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

森永の人気ヒット商品ピノとマウントレーニアが廚otonaくろぎとコラボ!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年11月22日

この度人気アイスの「ピノ」と人気飲料の「マウントレーニア」から、割烹料理の名店として知られる「廚otonaくろぎ」とのコラボ商品「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」および「マウントレーニア 黒蜜きな粉ラテ」を発売することが決定した。さっそくどのような新商品なのか見ていくことにしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2つのコラボ新ラインナップ

ピノ 焦がしみたらしキャラメル

焦がしみたらしを合わせることで香ばしいキャラメル風味に仕上がたアイスを、口に入れるとスッと溶ける極上の口当たりのミルクチョコレートで覆うことで「ピノ」のコンセプト「一粒の幸せ」を存分に味わうことができるコラボラインナップだ。

1箱あたり10mlの粒が6つ入っておりカロリーは1粒あたり33kcalで、税別180円で全国のコンビニやスーパーなどで11月25日(月)より販売が開始される。

マウントレーニア 黒蜜きな粉ラテ

100%使用されているアラビカコーヒー豆はブラジル政府が公認する鑑定士が厳しい基準のもと選ぶ抜いたものだ。この深い味わいのコーヒーに黒蜜・きな粉・豆乳を合わせることでさらに深いコクとすっきりした後味に仕立て上げ、品のある馨しさと繊細な甘みは「マウントレーニア」のコンセプト「ほどけるひとくち」をしっかりと再現している。

1本あたりの内容量は240mlでカロリーは157kcal、税別180円で全国のコンビニやスーパーなどで12月3日(火)より販売が開始される。

2. 「ピノ」と「マウントレーニア」のこだわり

「ピノ」について

人気アイス「ピノ」のこだわりは、とてもクリーミーで深い味わいのアイスクリームと滑らかなくちどけのチョコレートをバランスよく組み合わせ、互いの美味しさがより一段と引き立て合いながら自然とひと口で頬張れるよう独特の「ピノシェイプ」という姿にした所にある。このこだわりこそが「ピノ」が子どもから大人まで幅広い層に大きな人気がある秘訣というわけだ。

「マウントレーニア」について

贅沢なひと時を味わえる「マウントレーニア」のこだわりは、まずその使用されているコーヒー豆を厳選するところから始まる。この品質の高い豆を熟練のマイスターが確かな技術で焙煎することで生まれる豊かな風味と味わいは最高の割合でミルクと合わせられ、森永が培ってきたノウハウによって風味や鮮度を損なわないよう加熱処理やパッキングがされている。こうして生まれた確かな味わいこそが、多くのコーヒー好きを魅了しているというわけだ。

3. 大豆と豆乳のおはなし

大豆はそのまま煮込み料理などに使われるばかりでなく、日本でも古くから味噌や醤油などの原料としても使われている食材だ。またたんぱく質や食物繊維が非常に豊富なことから豆腐や厚揚げ、おからなどの加工食品も数多くある。その中のひとつに豆乳があるが、この豆乳というのは豆腐を作る際に大豆を加工する段階で生まれる物だ。

大豆を蒸しあげてから水分を加えて細かくすることで乳化させ搾りだしたものが豆乳で、主に豆腐の原料に使われているほか飲料としてもよく販売されている。ちなみにこの時の搾った残りがおからだ。
豆乳でも無調整と調整されたものがあり無調整は大豆固形分が8%以上のもの、調整されたものは大豆固形分が6%以上のものと基準が設けられている。

大豆は畑の肉とも呼ばれるほど上質なたんぱく質を含んでいるわけだが、動物性のたんぱく質との違いの一つとして脂質が非常に少ないということが上げられる。このことからも低カロリーで必要な栄養素はきちんと摂ることができる豆乳が優れているということは明らかだ。

結論

今回紹介してきた「ピノ 焦がしみたらしキャラメル」と「マウントレーニア 黒蜜きな粉ラテ」は、「廚otonaくろぎ」監修のもと和の風格を纏った独特な美味しさが味わえるコラボ新商品だ。この機会に繊細かつ深みのある味わいを、ぜひ一度味わってみていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ