このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

強い塩味がポイント!?濃厚な味わい『茨城県産ポークのボロネーゼ&チーズ』

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 8日

ローソンから「茨城県産ポークのボロネーゼ&チーズ」が新発売された。今回の商品は、関東7県・新潟・山梨・長野、の10県限定での発売だ。限定ということで早速購入してみた。さっそく食べてみたので紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「茨城県産ポークのボロネーゼ&チーズ」の魅力

新商品の魅力

ふんわりとした生地、中央に入っているゴーダ―チーズのペーストがたまらない。少し塩味が強いと感じたが、それがまた全体的な味のバランスにちょうど合う。まずボロネーゼにチーズという組み合わせだけでも、最高な味わいをイメージできるだろう。

国体って?

国体は「国民体育大会」の略名だ。国体は昭和21年から毎年、日本47都道府県から選び開催されている。今年は茨城県での開始だったが過去には、福井県(2018年)、愛媛県(2017年)、そして来年2020年は、鹿児島県で開催されることが決まっている。この開催県は本大会が行われる9~10月の開催県であり、競技によっては冬1~2月に開催されるので、北海道などの雪の積もる地域で開催される。

2. 商品詳細

発売日

2019年9月24日

購入できる場所

ローソン(関東地域限定)

価格

150円(税込)

栄養表示

  • カロリー:211kcal
  • たんぱく質:8.3g
  • 脂質:5.9g
  • 炭水化物:31.4g
  • 食塩相当量:1.4g

結論

ローソンから新発売の「茨城県産ポークのボロネーゼ&チーズ」の紹介だったがいかがだっただろうか。少し塩味が強いのだが、それがまた全体味のバランスを取っている。店頭で見つけた際にぜひお試しになってみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ