このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

評判の「いきなり!ステーキ監修ビーフガーリックピラフ」がリニューアル!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年11月 4日

冷凍食品でおなじみのニッスイから販売されている「いきなり!ステーキ」とのコラボ商品「いきなり!ステーキ監修ビーフガーリックピラフ」がこの度リニューアルされることとなった。これまでも多くの方から評判だったこの商品の一体どこがどのように変わったのか、さっそくその詳解を「いきなり!ステーキ」のこだわりとともに見ていくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 大好評の美味しさがさらにUP!

秘伝のオリジナルソースと牛肉の味わいを粗挽き胡椒やガーリックで力強い味わいへとまとめ上げた「いきなり!ステーキ監修 ビーフガーリックピラフ」は、「いきなり!ステーキ」ならではの深い味わいが大きな反響を呼んでいる。

今回のリニューアルではさらに肉の量を増やすことで醍醐味である肉感をより一層高め、600gというボリュームとともに思う存分味わうことができるようになった。

これまでよりたっぷりになった牛もも肉をハーブガーリックで炒め、味・食感共に絶妙なアクセントとしてフライドガーリックと粗挽き胡椒を加えたものをオリジナルの秘伝ソースで味を整えることで「いきなり!ステーキ」こだわりの味わいを家庭でもじっくり堪能できる。気になった方はぜひお試しいただきたい!

2. 「いきなり!ステーキ」のこだわり

「いきなり!ステーキ」は株式会社ペッパーフードサービスが経営する飲食店で、これまで高級料理としてなかなか味わうことが難しかったステーキを大勢の人がもっと身近な物として味わってもらえるよう展開するステーキ専門店だ。

分厚く切り分けられるステーキ肉は炭焼きで香ばしい豊かな風味へと焼き上げ、前菜などを省くことでいきなりひと口目から重量感あふれる食事を最後まで堪能できるよう工夫されている。グラム単位で量り売りされるステーキ肉は注文を受けてから切り分けられ、サーロインとヒレは200gから、リブは300gから選べることができる。

また「いきなり!ステーキ」自慢のオリジナルソースも強いこだわりから出来上がっており、創業者の手によってステーキの味を引き立て、深い味わいを奏でるよう絶妙のバランスで仕立て上げられたものだ。

厚切りされたステーキ肉の焼ける音と香ばしい香りとともにアツアツの鉄板に乗って提供されるステーキ肉は、徹底した鮮度管理が行われており、いつでも新鮮な肉の味わいが味わえるのも「いきなり!ステーキ」のなせるわざだ。

3. ピラフのルーツとチャーハンとの違い

ピラフのルーツはインドの料理プラーカが元となっており、やがてこのプラーカが中東からフランスに伝わった事でピラフと呼ばれる料理へと進化した。一方チャーハンもルーツはこのプラーカだと言われており、中国へと伝わりチャーハンに進化したと言われている。

このピラフとチャーハンの厳密な違いはその調理法にある。チャーハンは炊いたお米を炒めるのに対し、ピラフは炒めたお米をスープで炊くという調理方法で作られる。元は同じだった一つの料理がそれぞれの文化により独自の進化を遂げたことで違った料理として完成したというわけだ。

それぞれ伝わった国の伝統的な食材や調理法によって違った料理へと生まれ変わっていったピラフとチャーハンだが、その長い歴史の中で様々なアレンジが加えられることでまたさらに異なる味わいが楽しめるようになり、今ではいつ食べても飽きることのない定番の家庭料理として食されている。

結論

今回紹介してきたリニューアル商品の「いきなり!ステーキ監修 ビーフガーリックピラフ」は、これまでの人気の味わいから更なる満足感を堪能できるよう改めて工夫とこだわりを込められたラインナップだ。この機会に新しくなった味わいとともにそのボリューム感や増量した肉の旨味をじっくり堪能して、活力にしよう!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ