このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おイモのコクと甘みが絶品『ムラサキイモ アイスブレンディッド』新登場

投稿者:オリひと プレス班 牧野里絵子(まきのりえこ)

2019年11月 2日

食欲の秋というだけあり、秋は様々な新商品が発売される。コーヒービーン&ティーリーフから、秋の味覚「飲むスイーツ」が新発売された。紫芋とスイートポテトを使用した2種類の美味しいドリンクを紹介いこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 今年は2種類!おイモのアイスブレンディッド

今年は2種類のアイスブレンディッドを発売。まず1つめは、紫イモを使った『ムラサキイモ アイスブレンディッド』だ。沖縄県産紫芋(ちゅら恋紅)を使用し、素朴ながらも上品な甘さとコクが人気の秘訣だ。クリーム&チョコクランチとの相性はバッチリ。そして2つめは、スイートポテトを『スイートポテト アイスブレンディッド』。オリジナルミルクとスイートポテトを組み合わせた飲むスイーツである。
そして2つめは、スイートポテトをイメージした『スイートポテト アイスブレンディッド』。その名の通り、ゴマが香る風味豊かなスイートポテト味だ。どちらもミルクベースで、甘い秋のスイーツにぴったりだ。
また、『ムラサキイモ ラテ』と『スイートポテト ラテ』も同時発売だ。こちらもチェックしてみよう。
  • ムラサキイモ アイスブレンディッドRサイズ:650円(税抜)
  • スイートポテト アイスブレンディッドRサイズ:650円(税抜)
  • 発売日:2019年10月10日(木)~

2. 本格コーヒーチェーン!コーヒービーン&ティーリーフ

コーヒービーン&ティーリーフは、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのアメリカ最古のコーヒーチェーンだ。1963年に発端してから現在に至るまで、世界27カ国で1000店舗以上の店を構え、多くの人から愛されているコーヒー店である。創業時から最高級コーヒー豆を使用し、最高のコーヒーを届けてきたが、近年ではコーヒーだけでなく紅茶や、アイスブレンディッドなどのオリジナルドリンクの提供も始め、注目を集めている。

3. 鮮やかな色が特徴の紫芋

紫芋には紫色の成分アントシアニンが含まれているため、多少のえぐみはあり、製菓に使われることが多い。また、ビタミンC・ビタミンEの栄養素を含み、抗酸化作用があるといわれている。ここで紹介した紫芋は、沖縄県が品種開発した「ちゅら恋紅芋」で、沖縄県や宮古島、久米島などで生産されている品種だ。

品種により生産地が異なるが、茨城県や千葉県でも生産されている。紫芋を選ぶときは、皮につやがあるもの・端の軸から蜜が出ているものを選ぶと良い。

結論

コーヒービーン&ティーリーフから新発売された『ムラサキイモ アイスブレンディッド』と『スイートポテト アイスブレンディッド』をご紹介したが、いかがだっただろうか。秋の味覚を感じる「飲むスイーツ」を、この機会にぜひ味わっていただきたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ