このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

から揚げ専用塩レモン!?絶妙な酸味が相性抜群な新作ストロングゼロ

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年11月12日

サントリーが提供する様々な食事によく合うことで人気のサントリーが提供する缶チューハイ「-196℃ストロングゼロ」シリーズに、この度新テイストの「-196℃ストロングゼロ から揚げ専用塩レモン」がラインナップに加わることが決まった。ジューシーな美味しさが堪らない唐揚げとの抜群の相性をそのまま商品にしたこの新ラインナップの詳解をさっそく見ていくことにしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レモンと塩のすっきりした味わいと爽快なのど越し

プリン体と糖類がともにゼロであるアルコール飲料「-196℃ストロングゼロ」は、その口当たりやのど越しの良さが色んな料理と相性がいいと評判のブランドだ。

今回の新商品「-196℃ストロングゼロ から揚げ専用塩レモン」は、唐揚げとの相性に特化したラインナップで、まるまるレモンを独自の製法で漬け込んだ浸漬酒とフレッシュなレモン果汁をともに使用し、塩で味を調えていることで爽快かつクリアなのど越しと充実した果実感に仕上がっている。ひと口飲むことで唐揚げの濃厚な旨味をリセットし、繰り返しそれぞれの美味しさをじっくり堪能することができる。

1本あたり税別希望価格141円の350ml缶と191円の500ml缶はいずれもアルコール度数9%の確かな飲み口で、11月26日(火)より全国で販売が開始される。

2. 「ストロングゼロ」シリーズの美味しさのヒミツ

居酒屋などで提供される新鮮なしぼりたての果汁を使用したチューハイの味わいを、この「ストロングゼロ」シリーズでは選び抜かれた新鮮な果物を-196度で瞬間冷凍させるという製法により可能にした。この製法で冷凍された果物はその鮮度をそのまま保ち、さらに細かくパウダー状にすることで果物本来のうまみを丸ごと漬け込むお酒に浸透させている。

この浸漬酒とともにしぼりたての果汁を合わせて使用することで出来上がる爽快なのどごしとダイナミックな口当たりだからこそ、様々な料理にぴったりの甘さを抑えたチューハイが出来上がるというわけだ。
シリーズラインナップには定番のレモン・グレープフルーツ・シークワーサーといったフレーバーのほかに桃・ぶどう・オレンジなどがあり、さらに白ブドウ・梨・ビター柚子などの限定フレーバーもある。

3. 唐揚げにレモンを搾るのはどうして?

飲食店で唐揚げを注文すると必ずと言っていいほどレモンが付いてくるが、唐揚げにレモンを搾るのが好きな人は一体何故なのだろうか?

レモンといえばその強い酸味が特徴なわけだが、この酸味によって唐揚げを噛むたびに味覚がリセットされその変化を楽しむことができる。

さらに、レモンに含まれているクエン酸やビタミンCなどの栄養素は腸内の消化や吸収を助けたり血液中のコレステロール値を低下させるといった効果が期待でき、実はこの組み合わせは理にかなったものであると言える。

唐揚げ本来の濃厚な旨みをじっくり堪能したい人も少なからずいるだろうが、自分の好みや気分に合わせてこれを機にレモンを搾った唐揚げをじっくり味わってみてはいかがだろうか。

結論

今回紹介してきた「-196℃ストロングゼロ から揚げ専用塩レモン」は、プリン体や糖類を抑えつつも果実の美味しさそのものをたっぷり味わうことができる「ストロングゼロ」シリーズの新たなラインナップだ。誰もが好んで止まない唐揚げの美味しさとともに、この新商品の味わいとのど越しをぜひ堪能してみていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ