このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

至高のフードペアリングを実現「お酒に合うポッキー」がリニューアル!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年11月14日

お酒と一緒に楽しむ大人のためのポッキーが、リニューアルして登場した。「ポッキー<大人の琥珀><女神のルビー>」は、それぞれウイスキーと赤ワインと相性抜群。素材から見直し、よりお酒とのマリアージュを深めたという。一体どんなリニューアルポイントがあるのだろうか?その魅力にせまりつつ、ポッキーの歩みや一大イベント「ポッキーの日」についてもご紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポッキーでウイスキー&ワインとのマリアージュを楽しもう!

ポッキーとお酒の組み合わせは、ブランデーグラスにポッキーを入れて楽しむという「ポッキー・オン・ザ・ロック」キャンペーンが始まりで、実は今から40年以上前の1976年に生まれていたもの。ポッキーブランドは様々な商品を展開しているが、「お酒に合うポッキー」はその多様性の原点とも言えるものなのだ。
ウイスキーと相性抜群の「ポッキー<大人の琥珀>」は2016年に、赤ワインと相性抜群の「ポッキー<女神のルビー>」は2017年にそれぞれ発売開始。今回は初のリニューアルで、よりお酒との相性を高めた極上のポッキーとなっている。

ウイスキーにおすすめの<大人の琥珀>は、プレッツェルの素材に焙煎大麦を新たに採用。香ばしい穀物の風味が、ウイスキーの余韻を引き立てる。チョコレート部分には甘さを抑えたビターチョコレートを使い、ほんのり香るメープルの香りもウイスキーとの相性を深めている。

赤ワインと楽しみたい<女神の琥珀>は、プレッツェルのチェダーチーズに新たにパルメザンチーズを追加。黒コショウやクローブなどのスパイスの配合も調整し、より強い風味を感じられるようになった。3種のベリーの香り漂うビターチョコレートも、赤ワインとのマリアージュをより高めてくれる。

2. 超ロングセラー!ポッキーの歩みと魅力

ポッキーブランドの歴史

定番チョコレート菓子として、もはや知らない人はいないであろう「ポッキー」シリーズ。その歩みは、今から半世紀以上前の1966年にスタートした。当時、棒状のチョコレート菓子は世界初のアイディア。スティックの一部にチョコレートを塗布しないことで、手を汚すことなく片手で食べられるチョコレート菓子として、一躍人気商品となった。ちなみに「ポッキー」というネーミングは、食べるごとに鳴る「ポキッ」という音をあらわしている。

現在ポッキーは、日本国内のみならず海外でも大人気。1970年にタイで販売をスタートしたのを皮切りに、フランスや中国にも広がっている。

「ポッキー何本分」って知ってる?

現在グリコのポッキー特設サイトでは、「ポッキー何本分」というコンテンツを配信中。「ちょっと話したいから、ポッキー5本分時間いい?」「反省してます。ポッキー100本分!」など、「ポッキー何本分」の使い方は自由自在。ポッキーを日常のコミュニケーションに役立ててほしいという思いの詰まったスペシャルコンテンツだ。

赤井家というファミリーをモデルに展開するドラマ仕立ての動画も必見。ぜひ特設サイトをのぞいてみてほしい。きっとポッキーを持って誰かに会いに行きたくなるはずだ。

3. もはや国民的イベント!?今年も「ポッキーの日」がやってくる!

すっかり国民的イベントとして定着しつつある、毎年11月11日の「ポッキーの日」。今年も当日ポッキーを買い込んで堪能された方も多いだろう。では、なぜ11月11日がポッキーの日になったのだろうか?

理由は予想がつく人が大半かもしれないが、ズバリ「11月11日」の日付が棒状のポッキーが並んだ形と似ているから。ポッキーの日は「1」が6つ並んだ平成11年11月11日にスタートし、日本記念日協会にも認定されている。

ところで、11月11日は正式には「ポッキー&プリッツの日」であることも忘れてはならない。ポッキーだけにフォーカスされがちだが、同じくグリコのロングセラー「プリッツ」の記念日でもあるのだ。ぜひ来年は「プリッツ」も一緒に楽しんでみてはいかがだろうか。

結論

お酒に合うポッキー「ポッキー<大人の琥珀><女神のルビー>」のリニューアル新商品についてご紹介してきたがいかがだっただろうか。発売日は10月22日(火)と、すでに販売がスタートしているので、気になった方はぜひ手に入れてみてほしい。大人のくつろぎのひと時を、をランクアップしてくれること間違いなしだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ