このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

あの女性に贈りたい。ロクシタンの新作フレグランスにフォーカス!

投稿者:オリひと プレス班 小形紗緒里(おがたさおり)

2019年11月22日

女性に大人気のライフスタイルコスメティックブランド・ロクシタンから、新作フレグランスが登場する。パリの本格的なムード漂う「キャトルヴァンシスコレクション」に新たに登場する「フィグローズ」は、エレガントでたおやかな大人の女性のための香り。今年のホリデーギフトシーズンに、ぜひおすすめしたいアイテムだ。さっそく新商品の魅力に深く迫っていこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新作フレグランス「フィグローズ」はこんな香り!

ロクシタンの新作フレグランスは、「キャトルヴァンシスコレクション」に新たに追加となる「フィグローズ」だ。イチジクの果実を指す「フィグ」の香りに、ほろ苦さのあるフェネルやレモンを絶妙なバランスで調合。そこに華やかなセンチフォリアローズが加わり、女性らしいエレガントな香りのハーモニーを奏でる。香りだけでなく、エレガントなボトルデザインも女性の心をくすぐるポイント。商品の価格は90mlで税込16,500円となっている。

詳しくは後ほどご紹介するが、新作フレグランスの発売を記念した限定のスイーツも登場する。フランス・パリの空気感が漂う本格的なフレグランスは、まさに大人の女性にぴったり。これから始まるホリデーシーズンに、ギフトアイテムとしてもおすすめだ。

2. 「キャトルヴァンシスコレクション」とは

あの有名パティシエとコラボ!

「キャトルヴァンシスコレクション」は、ロクシタンとパティスリー界の巨匠ピエール・エルメとのコラボレーションで誕生したフレグランスシリーズ。ロクシタンが培ってきた植物に関する知識と「パティスリー界のピカソ」と称されるピエール・エルメの融合によって生まれる香りは、どれも使う人の五感に訴えるような芸術性の高いものばかりだ。

ちなみにコレクションの名前にある「キャトルヴァンシス」とは、パリのシャンゼリゼ86番地にある、ロクシタンとピエール・エルメが融合したフラッグシップストア「CHAMPS 86」に由来している。コレクションは、日本では国内5つの限定店舗とECショップのみで販売中。新作だけでなく、既存の6種類のフレグランスも要チェックだ。

限定スイーツも要チェック!どこで食べられる?

「新作フレグランス「フィグローズ」の発売を記念して、ロクシタン表参道店ヴォヤージュセンソリアル内ヴァーベナカフェでは限定スイーツが販売される。11月1日からは、個数限定の「ラズベリー マッチャグリーンティパフェ」の販売がスタート。また、フィグ ローズとラズベリー マッチャグリーンティのマカロン2個セットはコーヒーや紅茶のおともにぴったり。香り高いスイーツたちが、ラグジュアリーなティータイムを演出してくれること間違いなしだ。

3. 女性をとりこにしてやまない!ロクシタンの魅力とは

本物へのこだわり

ロクシタンが商品に使う原材料は、生産元まで遡ることのできる、安心で品質の高いものばかり。自然由来の成分にこだわり、オーガニック認証を受けた素材も多く使っている。植物由来の成分は、肌に良いだけでなく、地球環境や生産者を守ることにもつながっている。ロクシタンの商品には、サスティナブルな取り組みが生きているのだ。

ロクシタンの歩みと社会への取り組み

現代女性に絶大な支持を誇るロクシタン。その歩みは、1976年にフランス・プロヴァンスでスタートした。創業者のオリビエ・ボーサンが蒸留したエッセンシャルオイルから始まったロクシタンは、「自然と人への敬愛」という揺るぎない哲学に根ざしてブランドを展開している。

ロクシタンは商品開発だけでなく、社会的な活動にも力を入れている。商品の原材料である植物の多様性を保護する取り組みや、生産者を保護するフェアトレードによる調達はもちろんのこと、女性の自立や視覚障害者の生活も支援。ロクシタンの取り組みを知れば、商品をより魅力的に感じられることだろう。

結論

ロクシタンの新商品「キャトルヴァンシスコレクション フィグローズの香り」についてご紹介してきた。上質な香りは、まさに大人の女性のためのフレグランス。今年のホリデーシーズンのギフトに、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ