このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「卵黄風きみまろぺースト」が効いた新シリーズ和風カップめん第一弾

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年11月20日

様々な人気カップ麺シリーズで有名なエースコックからオリジナルのペースト技術によって完成させた新ブランドが誕生し、その第1弾目の商品ラインナップとして「たらっと とろりたまご風すき焼き味うどん」と「たらっと とろりたまご風カレー南蛮そば」の2商品の新発売が決定した。今回はこの新ラインナップの魅力について紹介していくとしよう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 2つの「とろりたまご風」テイスト

このブランドは素材本来の味わいをオリジナルのペースト技術によって閉じ込めたラインナップを新たに展開するものだが、その1つ目として発売されるのが卵黄の美味しさを活かした2つのラインナップだ。

たらっと とろりたまご風すき焼き味うどん

コシの良さとつるっとしたのど越しの良さが特徴のうどんを牛肉や玉ねぎなどの具材による出汁とともにしっかりと味わうことができるこのラインナップは、まるですきやきの割り下が染み込んだシメのうどんを彷彿とさせる新商品だ。仕上げに入れるの卵黄ペーストが全体のバランスを調えることでとても口当たりの良い味わいを堪能できる。

たらっと とろりたまご風カレー南蛮そば

繊細な風味と小気味良い食感のそばを豚や魚介の旨味が効いたスープで味わえるこのラインナップはカレー風味にまとめており、和の具材を使用することでスパイシーさと和風のテイストが見事に調和した味わいになっている。卵黄のペーストにより、一層引き立つコクと風味が魅力的なラインナップだ。

2. すき焼きの歴史とシメについて

すき焼きが誕生したのは江戸時代のこと、当時の農民たちが農作業で使用していた鋤というシャベルのような道具を用いて肉や魚を焼いて食べたことからこう呼ばれるようになったとのことだ。

このすき焼きは関東と関西で食べ方が異なり、関西ではまず牛肉を焼いてから醤油や砂糖で味付けをし他の具材は肉を食べた後から加えると言う食べ方が一般的で、関東では牛鍋の名残から割り下を使って他の食材とともに煮込んでという食べ方が一般的となっている。

すき焼きのシメには残った割り下にご飯を入れて雑炊にしたものやうどんを入れたりするものがポピュラーな食べ方だが、そばやラーメンなど他の麺類を入れる食べ方や牛肉の出汁の旨味を生かしてカルボナーラやトマトリゾットなど洋風に仕上げて楽しむシメもある。

ひとつの料理で2度違った味わいが楽しめるシメのアレンジを色々と試してみてはいかがだろうか。

3. カレー南蛮とカレーうどんの違い

カレーうどんといえばカレーがかかったうどんであるということは誰もが認識するところだが、カレー南蛮とは本来どのような料理なのかをご存じだろうか?

実はカレー南蛮は元々そばにカレーをかけた料理だったのだそうだ。今でこそカレー南蛮にうどんを使って提供する店も多くあるが、元々は南蛮と名が付く料理のメインとなる具材であるネギを指してこう言い表したのだという。つまり、カレー南蛮はそばにネギを使っているカレーをかけたものというのが正しい料理といえるわけだ。

そんなカレー南蛮は大阪の「東京そば」というお店で明治時代に誕生したものだそうだ。そばよりうどんのイメージが色濃い大阪で生まれたというのは意外に思える。しかし実は400年以上も前から大阪ではそばが食べられているというのだから、カレー南蛮が大阪で生まれたということにもそれを知れば納得がいくというものだ。

結論

今回紹介してきた「たらっと とろりたまご風すき焼き味うどん」と「たらっと とろりたまご風カレー南蛮そば」はエースコックの新ブランドシリーズ初となる「卵黄風きみまろぺースト」を使用したラインナップだ。オリジナルの製法から生まれた美味しさの秘密を、ぜひご自身で確かめてみていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ