このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホテイのやきとりが宇宙食に!期間限定パッケージで全国販売開始

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年11月23日

おつまみやおかずでお馴染みのホテイフーズの「やきとり缶詰」。JAXAから宇宙日本食として認証されたことが話題を呼んでいる。この機会に、やきとり缶詰の魅力を含め、宇宙日本食と呼ばれる食べ物について解説していくことにしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. やきとりが宇宙食に!日本の宇宙飛行士をサポート

近年、科学技術の発展により、宇宙が身近な存在になりつつある。それにともない注目されているのが宇宙日本食だ。宇宙飛行士にとっては娯楽的な存在で、食事を兼ねてストレス緩和にも役立っている。そんな宇宙日本食に新たに加わるのが、「やきとり缶詰」である。

宇宙日本食の条件として「常温で1年以上の賞味期限」、「宇宙空間で飛び散らない」、「制限された設備で調理できる」などの条件がある。このやきとり缶詰はそれらの条件を全て満たし、宇宙日本食を表すロゴが表記されるに至った。今後、宇宙飛行士の野口氏や星出氏も食べる予定とのことだ。一般の日本人が宇宙でやきとりを食べる日が来ることを願って、今後の科学技術の発展に期待したい。

2. そもそもホテイのやきとりはどんな商品?「たれ味」と「柚子こしょう味」について

今回宇宙食として認証されたホテイのやきとりは「たれ味」と「ゆずこしょう味」であるが、そもそもどのような特徴があるのだろうか。ここからは2種類の魅力を紹介することにする。

たれ味

ホテイのやきとりのなかでも一番人気を誇る逸品。濃厚な甘だれに焦がし醤油が加えられ、香ばしさが引き立てられている。サラダと一緒に盛り付ければサッと魅力的な一品が仕上がる。夜食やビールのおつまみにうってつけであるとともに、災害用の非常食としても役立つから便利だ。

ゆずこしょう味

塩味をベースに整えられたやきとりに、九州特産のゆずこしょうが爽やかさとスパイシー感をプラス。缶詰のパッケージはゆずを連想させるグリーンカラーを基調としている。

3. 缶詰の賞味期限が長い理由や開封後の保存の仕方について

缶詰の賞味期限が長い理由

缶詰は空気や水、微生物が入らないように密封されている。そのうえ、真空状態で加熱殺菌されるため、賞味期限を長く保ちやすくなるというわけだ。しかも、ビタミンをはじめとする栄養素も一般的な調理方法で作ったものより多いことも知られている。ちなみに、130年前に製造された缶詰が試食され、その保存性の高さが確認された事例もあるという。

開封後はどう保存すればよい?

缶詰を開けると微生物が流入するため、腐敗が進行する可能性が生じる。また、内面を塗装していないブリキ缶などは、空気に触れてスズが溶けやすくなる恐れもある。それらをふまえて、開封後はガラスやプラスチックなどの食品容器に移してから冷蔵庫に保管することが大切だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ