このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
遊びのためのビール「FREAKS」数量限定コラボ第2弾で乾杯しよう!

遊びのためのビール「FREAKS」数量限定コラボ第2弾で乾杯しよう!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年12月13日

この夏に発売された「FREAKS」が大人気を博しあっという間に完売したことを受け、この度2度目の期間限定販売を開始した。早速、リベラルなビールブランドの「BREWBASE」と人気アパレルブランド「フリークストア」のコラボ商品の魅力とそれぞれのブランドについてさっそく詳しく見ていくとしよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 数量限定コラボ第2弾「FREAKS」とは?

この「FREAKS」はHAZY IPAと呼ばれる乳白色掛かった色合いとは裏腹にフルーティかつすっきりとした味わいが特徴のニューイングランドIPAに仕上がったクラフトビールだ。その味わいはASIA BEER CHAMPIONSHIP 2019で高い評価を受け審査員特別賞を獲得し、第1回目の発売ではビール業界のみならずアパレル業界からも高い注目を集めた。

原材料は麦・麦芽・ホップからなっておりアルコール度数は5%、色度数を示すSRMは7で苦みの単位を表すIBUは20、クラフトビールの老舗として知名度の高い「木内酒造」が製造しており斬新で存在感のあるパッケージデザインも前回に引き続き健在だ。

お歳暮などのギフトにもピッタリで、クリスマスや年末年始などのイベントに大勢で楽しんでいただきたいこの商品の価格は単品で税込616円、24本入りケースで税込14,784円となっている。

2. 2.「フリークストア」と「BREWBASE」について

「フリークストア」が誕生したのは1986年のこと、当時の日本にアメリカンカジュアルなファッションスタイルを中心としたアメリカならではの豊かさを提供したいという理念によって生まれ、現在では日本全国40以上の店舗にてカジュアルかつ落ち着きのあるアイテムの数々を提供している。

「BREWBASE」はレジャーやパーティーなど様々な遊びのシーンをよりエンジョイするためのビールとして、ライフスタイルの一環としてマーケティングを進めるコラボレーションブランドだ。製造を担当している木内酒造ではこのブランドのラインナップやネストビールなどのほか、 ギフトにも最適な様々な種類のアルコール飲料からノンアルコール飲料、さらには関連雑貨など幅広いラインナップを取り揃えている。

3. クラフトビールってどんなもの?

日本でもそれぞれの地域で特産品として紹介される機会が多くなっている地ビールだが、クラフトビールというのはさらに職人の手作りによる伝統的な醸造法にこだわったビールのことだ。このクラフトビールの発祥はアメリカで、その生産量には制限がかけられていることで 品質が保たれたプレミアムなビールとして広く認識されつつある。

一概にクラフトビールと言ってもその種類には主に4つに分けられ、今回紹介している商品が分類されているIPAのほかにピルスナー・ヴァイツェン・ペールエールがある。

ちなみに、 ニューヨークイングランドIPAというのはアメリカの北東部が発祥の製法で爽快さと苦味が特徴のウエストコーストIPAがももととなっており、苦みを押さえ瑞々しい味わいと爽やかさに仕立て上げたものだ。

結論

11月29日(金)より第2弾の販売を開始しているクラフトビール「FREAKS」は、人気アパレルブランド「フリークストア」と、遊びとビールのつながりを提案するビールブランド「BREWBASE」のコラボレーションによって誕生したものだ。期間限定のこの商品、これからのパーティーシーズンにぜひ多くの方に味わっていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >