このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
優しく深い味わいのミツカン「味ぽんMILD」に大容量タイプが登場!

優しく深い味わいのミツカン「味ぽんMILD」に大容量タイプが登場!

投稿者:オリひと プレス班 清水学(しみずまなぶ)

2019年12月24日

数々の調味料シリーズを提供しているミツカンの大ヒット商品「味ぽん」シリーズから、口当たりのよい出汁の旨味と柑橘の風味が人気の「味ぽんMILD」に鍋料理などに便利な大容量タイプが発売された。今回はこの商品の魅力と詳細についてお伝えしていくとしよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 容量UPでますます便利に!

「味ぽんMILD」の味わいは昆布から摂れた優しい出汁で風味良いオレンジ果汁やお酢の酸味をマイルドにしたもので、出汁が効いていることで塩分も控えられていることから鍋料理の味の決め手以外にも様々な料理に美味しく使える点が大変人気となっている。特に鍋の付けダレには色々な具材との相性も良く幾種類ものアレンジが可能でひとつの鍋を色々な美味しさで楽しむことができる。

この度12月3日(火)に発売された大容量タイプの「味ぽんMILD 600ml」は、税抜参考小売価格395円にて全国のスーパーなどで販売されている。
なお、100gあたりの栄養分は以下の通りだ。
・エネルギー:65kcal
・たんぱく質:2.6g
・脂質:0.0g
・炭水化物:13.9g
・ナトリウム:3.09g
・塩分:7.9g

2. 「味ぽん」を使って料理を美味しくしよう!

シンプルな醤油や塩などでの味付けするのとは異なる「味ぽん」での調理は、その複雑な出汁の美味しさが入っていることで繊細な味わいの調理が可能となる。

例えばお水と1:1で合わせて煮込んだあっさりとした味わいの角煮や鶏チャーシュー、トマトジュースと1:1で合わせて煮込むことでグッと味が際立つナスと挽肉のさっぱりトマト煮、マヨネーズと1:1で合わせることで濃厚なのにさっぱりとした味わいが楽しめるポテトサラダなどアイデア次第でアレンジも自由自在だ。

また、炒め物やお漬物にもこの「味ぽん」を使用することでマイルドな味わいに仕上がるだけでなく塩分量を控えることもできる。詳しいアレンジレシピがブランドHPにて数多く紹介されているので、ぜひ参考にしてヘルシーで美味しい料理をたくさん楽しんでみていただきたい。

3. ポン酢について

今ではすっかり柑橘の風味が効いた調味料として浸透しきっている「ポン酢」だが、この語源を知っている方はそう多くはないだろう。

もともとインドでは5つの素材から出来上がった飲み物のことを「5」という意味のponsという言葉で表現していたのだそうだ。これがヨーロッパに伝わりイギリスではポンチ、オランダではポンスと呼ばれるようになった。やがてオランダから日本に伝わり今ではお馴染みのポン酢となったという。

しかし伝来してからしばらくの間このポン酢は一般家庭で使用されることは稀で、料理店などのお店でしか味わう事が出来なかったそうだ。ミツカンの七代目社長がたまたま出席した宴席で水炊きの付けダレとして出されたこのポン酢に出会い、なんとか商品化してもっと大勢の人に味わってもらうことはできないかと考案したのが1964年発売の「ミツカン味付けぽん酢」である。やがて商品の改良とともに名称も変わることとなり、現在の「味ぽん」になった。

結論

この寒い時期に定番の鍋料理はもちろんのこと、夏にはお刺身・冷しゃぶ・冷奴などシンプルな料理に相性抜群の「味ぽんMILD」はひと手間加えたアレンジレシピにも大活躍してくれる常備しておきたい調味料の一つだ。この度発売された大容量タイプで、普段の食事をさらに美味しく楽しんでみてはいかがだろうか。

参考文献

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ