このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

食べ応え満点!エースコックから味噌味の油そばが新登場!

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年12月 2日

油そば好きの興味をそそる新商品がエースコックから登場する。その名は「厚切太麺 こってり味噌だれ油そば」である。いままでにありそうでなかった味噌と油そばの組み合わせだが、どのような魅力を備えているのだろうか。早速新商品について解説していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 油そばと味噌の組み合わせが斬新!厚切太麺で食べ応え十分

このたびエースコックから発売されるのは、厚切り太麺シリーズによる味噌味の油そばである。今までにありそうでなかった味噌と油そばの組み合わせに興味がそそられるといえよう。麺は厚切りの太麺で弾力による噛みごたえがあり、口のなかで存在感を示してくれるだけでなく、滑らかさも心地よい。

スープはジンジャーとガーリックが利いた味噌だれ。ポークエキスやごま油が加えられ、食欲をそそってくる仕上がりだ。それに加えて、シャキッとしたキャベツや辛味のある唐辛子などのかやくも、食感や風味にアクセントを与えてくれる。パッケージは大型容器を採用しているため、食べ応えが伝わってくるだけでなく、見た目のインパクトも大きい。店頭で目立ちやすいといえるので、お腹が空いているときほど、ぜひ手に取ってみてほしい。

2. 日本の伝統的食材の味噌はどうやって作られる?

基本調味料の頭文字を取って並べた「さしすせそ」の「そ」にあたるのが味噌である。日本の食文化では1,300年の歴史を誇り、伝統的な食品として知られているが、そもそも味噌はどのように作られているのだろうか。米味噌を例に紹介してみよう。

まず、味噌の原料である大豆を洗浄し、水に漬けるところから始まる。次に、大豆を高温・高圧で蒸した後に細かくつぶしていく。そして、米こうじや塩、種水などを混ぜてから仕込む。その後、仕込んだものを発酵して熟成させれば味噌が完成する。こうしてできあがった味噌はカップやボトルに充填され、私たちの食卓に並ぶのだ。ちなみに、熟成タンクから味噌を出したときに、アルコールを添加せず容器へ充填したものは無添加味噌と呼ばれる。

3. 麺の旨みを思う存分堪能!油そばの魅力について

油そばは、麺の旨みを思う存分味わうために提供される汁のないラーメンである。初めて出会う方にとっては、ラーメンの定義を揺るがすような存在といえよう。まぜそばとも呼ばれ、その名の通り、油とタレにトッピングを混ぜるのが通常のスタイルだ。トッピングで味が変化するところも油そばの魅力の一つである。ネギ、ゴマ、半熟卵、チャーシュー、柚子胡椒などバリエーションが豊かで、期間限定・店舗限定のトッピングなども存在するから奥深い。

また、店舗によっておすすめの食べ方が異なることが多いのも特徴的だ。麺の量にあわせてラー油やお酢のかけたまで細かく提案している店舗も見られる。さまざまな専門店を巡って好みの油そばを追求するのも楽しいに違いない。

結論

「厚切太麺 こってり味噌だれ油そば」について、味噌の製造工程や油そばの概要と一緒に紹介したがいかがだったろうか。新商品は2019年12月2日(月)から全国で発売開始となる。本記事で味噌と油そばに興味を持った方はぜひ一度お試しいただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ