このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

肉球みたいで可愛らしい!食べ応えもある「肉キュウみたいなぱん」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 3日

ローソンから可愛らしい見た目のパンが新登場となった。その名も「肉キュウみたいなぱん」。今回は11月26日から発売開始となった本商品の魅力を早速ご紹介していこう!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「肉キュウみたいなぱん」の魅力

新商品の特徴

この新商品、見た目が肉球の形をしており非常に可愛らしく、一見するだけではただそれだけのパンにも思えてしまう。しかし、中身には肉まんの具が包まれており、食べ応えば抜群。見た目的に甘い系のパンかと思いきや、しっかりとお腹を満たしてくれる新商品だ。

ちょい足しでうまさ爆発!肉まんにつけて食べたい 調味料は?

肉まんを食べるとき、一般的には調味料を使わず何もつけずに、そのまま食べる人が多い。しかし地域によっては、調味料をつけて食べることが定番になっているところもある。調味料もからしや醤油など、好みによってさまざまだ。そこで今回は、肉まんに「ちょい足し」するとおいしい調味料を紹介していこう。

からしをちょい足しした肉まんの食べ方

肉まんにつけて食べる調味料の中で、最もなじみ深いのが「からし」だ。からしを使った肉まんの食べ方は、主に中国、近畿、四国地方が多い。これらの地域では、からしのみを使用したり、醤油と組み合わせて食べることもある。

また中国、四国地方では、酢醤油とからしで食べる地域もあるので、からしを使った肉まんの食べ方のなかでもバリエーションがあるといえるだろう。ジューシーで皮がふっくらした肉まんに、からしをちょい足しすることで、ピリリと辛みのあるパンチの効いた味わいになる。

肉まんに酢&醤油をちょい足ししてもおいしい

からしの次に肉まんに使う調味料として多いのが、「酢」や「醤油」。

上記でも紹介したが、醤油の場合はからしと組み合わせるケースや、酢醤油とからしで肉まんを食べる人もいる。酢醤油のみで食べるパターンもあり、酢と醤油の組み合わせは、肉まんに新たな味わいをプラスできる調味料といえるだろう。

肉まんに酢や醤油をちょい足しする場合は、つけすぎに注意したい。醤油は単体でも塩辛いので、ほんの少量で十分だ。酢も同様に使いすぎると酸味が強くなり、肉まんの風味が損なわれるので少しの量でいいだろう。

新しい肉まんを味わえる意外な調味料

ポン酢

ポン酢は鍋やサラダなどで使われることが多いが、「酸味系の調味料」と「醤油」を組み合わせていることもあり、酢醤油にも似ている。このため肉まんにちょい足しして食べると、酢醤油とはまた違った味わいを堪能できるだろう。ポン酢を肉まんと組み合わせると、柑橘系の豊かな風味が加わる。いつもの肉まんに飽きている人は、一度試してみると面白い味わいを堪能できるだろう。

ウスターソース

肉まんにちょい足しして食べる調味料としては少数派ではあるが、意外と相性が良いという声が高い「ウスターソース」。さらりとした質感のベーシックなものから、ドロッとした「中濃ソース」、とんかつ用として生まれた「とんかつソース」まで種類も豊富だ。野菜や果物のエキスを凝縮し、そこに香辛料を加えて作るため、さまざまなうま味がひとつで味わえるのがウスターソース。肉まんに使用するものは、主にベーシックなタイプか「中濃ソース」が中心となる。ウスターソースをちょい足しした肉まんは、酸味や甘味が加わり、スパイシーな味わいになる。

2. 商品詳細

発売日

2019年11月26日(火)

購入できるお店

ローソン

価格

180円(税込)

栄養表示

  • カロリー:308kcal
  • たんぱく質:10.8g
  • 脂質:10.0g
  • 炭水化物:43.7g
  • 食塩相当量:1.3g

結論

11月26日から新発売となった「肉キュウみたいなぱん」のご紹介をしたがいかがだっただろうか。肉球の形をした可愛らしい見た目だけではなく、しっかりとした美味しさと食べ応えを兼ね備えた魅力的なパンはローソンにてお買い求めいただける。気になった方はぜひお試しになってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ