このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
猫の気持ちを体感!猫好きにはたまらないベトナム風ニャーが登場

猫の気持ちを体感!猫好きにはたまらないベトナム風ニャーが登場

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年12月13日

ビーフンで知られるケンミン食品が、株式会社フェリシモのフェリシモ猫部とコラボしてベトナム料理のフォーを開発した。猫愛溢れる新商品は、猫好きであれば食べないわけにはいかないだろう。早速、新商品の特徴や魅力について解説していくことにする!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かつお節で猫の気持ちを体感!猫色満載のベトナムフォー

株式会社ケンミン食品と株式会社フェリシモのフェリシモ猫部が共同開発した「ベトナム風ニャー」は、猫好きのために作られたフォーである。8月に共同開発された「にゃきビーフン」(焼ビーフン)の売り上げが計画の2倍になったことで、引き続きコラボ商品の開発が叶った。パッケージには、いたるところに可愛らしい猫のデザインが施されていて、見ているだけでも癒しをもたらしてくれそうだ。

猫が好きなかつお節をトッピングしているのは、食べる人にも猫の気持ちを味わってほしいとの配慮だろう。そのかつお節は鶏だしスープとの相性もよく、懐かしさを感じる風味に引き立てている。猫好きの方はもちろん、ベトナム料理のフォーを食べたことがない方にもおすすめだ。

なお本商品は、フェリシモ猫部のサイトおよびポップアップショップ、ケンミン食品直営店舗で購入することが可能だ。

2. ケンミン食品とフェリシモ猫部の活動について

ケンミン食品

「ビーフンで、キッチンに笑顔を。」とのテーマを掲げているケンミン食品は、神戸創業のビーフンメーカーで、ビーフンとともに体にやさしい食品を展開している。代表的な食品として、フライパンや電子レンジで気軽に調理できる「ケンミン焼ビーフン 鶏だし醤油味」や、めんのこしが強くて食感が滑らかな「緑豆はるさめ ストレートタイプ」などがある。

フェリシモ猫部

株式会社フェリシモが運営しているフェリシモ猫部は、2010年9月から活動している猫好きのための部活動だ。「猫と人がともにしあわせに暮らせる社会」を作るために、基金付きのオリジナル猫グッズを販売したり、猫漫画連載などのコンテンツが盛りだくさんの猫部ブログを運営したりするなど幅広い活動を行っている。猫の姿を見て癒されたい方や、いつかは猫を飼いたいと考えている方は、ぜひ公式HPを覗いてみるとよいだろう。

3. ベトナム料理のフォーの特徴は?食べる際のマナーにも注意しよう

今回の新商品は、ベトナムの代表的な料理のフォーをテーマとした食品であった。そもそもフォーとはどのような食品なのかについてもあわせてご紹介したい。フォーは麺を基調とした料理であるが、その最たる特徴が素材に米粉を使っているところだろう。フォーは主に二種類に分かれる。

まず、「フォーボー」は牛骨によるだし汁をスープに活用し、麺には牛肉が添えられる。一方、「フォーガー」は鶏がらベースのスープを用い、麺に鶏肉がのっている。現地では、トッピングとして唐辛子やライムなどを加えるのが特徴的だ。ちなみに、現地でフォーを食べるときには注意点がある。器に口をつけてスープを飲むのはマナーに反するため、必ずスプーンを使うことを忘れてはならない。

結論

ケンミン食品とフェリシモ猫部のコラボ食品を、ベトナム料理フォーの特徴とともに紹介した。新商品は猫をテーマとしているが、フォーの魅力を知るのにもピッタリだ。フォーを食べたことがない方もぜひ試食してみるとよいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ