このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大豆の魅力満載!特保「国産大豆の調製豆乳」がリニューアル

大豆の魅力満載!特保「国産大豆の調製豆乳」がリニューアル

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年12月26日

おいしいものをたくさん食べたいけれど、コレステロールが気になってしまいがちだ。そんな方々にうれしい飲料が特定保健用食品の「国産大豆の調製豆乳」だ。この度パッケージがリニューアルされて販売される。今回のリニューアルにあわせて、改めて商品の魅力をお伝えしていこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パッケージがリニューアル!さらっとした飲み口の豆乳飲料

この度リニューアルされることになった特定保健用食品の「国産大豆の調製豆乳」は、コレステロールの低下作用が認められた商品だ。国産大豆を使用し、固形分は9%以上で、濃厚かつさらっとした飲み口に特徴がある。糊料、乳化剤、香料なども使用していないので、大豆の風味をありのままに堪能できるのも魅力的だ。

リニューアルのポイントは、パッケージの変更にある。特定保健用食品であることがわかるように特保のマークが大きくされることになった。それとともに国産大豆の文字も拡大することで原材料が一目でわかるように配慮されている。食生活が偏ってしまいがちな現代において、気軽に飲める健康飲料の存在はありがたい。毎日を健康的に過ごすために取り入れてみてはどうだろうか。

2. 名前の由来や栄養素は?大豆の豆知識を紹介

今回の新商品には原料として大豆が使用されているが、そもそも大豆はどのような食材なのだろうか。

大豆の名前について

大豆の「大」の字はサイズを表しているわけではない。「大いなる豆」、「大切な豆」などの意味を表すために大豆という表記になったと考えられている。

大豆の栄養素

大豆には豊富な栄養素が含まれていることが知られている。たとえば、たんぱく質・ビタミンB1・葉酸・カリウム・マグネシウム・亜鉛などだ。その一方、コレステロールが全く含まれていないという特徴も見過ごせない。

特にたんぱく質が豊富

さまざま含まれる栄養素の中でも特にたんぱく質が豊富であることが最大の特徴だ。具体的には100g中に33.8gほど含まれている。肉と同じくらいにたんぱく質を摂取できることから、「畑の肉」と呼ばれることもあるという。

3. そもそも豆乳とは?種類や栄養について

そもそも豆乳とは?

豆乳とは、豆腐を作る過程で生じる乳状の液体のことをいう。低脂肪にもかかわらず、豊富にたんぱく質を摂取できる飲み物として知られている。

調製豆乳と無調整豆乳の違い

調製豆乳と無調整豆乳は含有している大豆固形成分の割合が異なる。調製豆乳には6%以上含まれ、無調整豆乳には8%以上含まれると定義されている。したがって、無調整豆乳の方が大豆の割合が高く、含まれるたんぱく質も多い。

豆乳の栄養素

豆乳の栄養素には、ポリフェノールの一種であるイソフラボンや、血液中の脂質に働きかけるサポニン、細胞膜をきれいにするレシチンなどがある。そのほか、オリゴ糖、フィチン酸、ビタミンEなどを含めて数多くの栄養素が含まれている。

結論

「国産大豆の調製豆乳」のリニューアル情報を大豆や豆乳の豆知識とともにお届けしたがいかがだったろうか。リニューアル商品は2019年12月中旬より発売される。店舗を訪れた際は大きくなった特保マークを目印にして探してみるとよいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >