このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
しびれスパイス付き!四川の味をとことん追求した麻婆豆腐の素が発売

しびれスパイス付き!四川の味をとことん追求した麻婆豆腐の素が発売

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2019年12月22日

株式会社アライドコーポレーションが手がける「四川料理 しびれ王」シリーズから新商品が発売となる。こだわりの素材がふんだんに用いられた麻婆豆腐は本場四川の味を思わせる仕上がりだ。早速、商品の特徴や魅力をお伝えしていこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 本場四川の味を再現!とことん素材にこだわった麻婆豆腐

本場四川の麻婆豆腐を自宅で再現できるのが「四川料理 しびれ王 四川で食べた麻婆豆腐の素」である。本場の味を引き出すためにとことん材料にこだわり抜いて開発された。しびれる辛さとスッキリとした香りを演出するために、四川省産漢源花椒と大紅花椒を採用。

それに加えて深い旨みと香りをもたらす四川省産ピーシェン豆板醤も取り入れている。必要な具材は豆腐とひき肉のみなので、手軽に本格的な麻婆豆腐を楽しめる点がうれしい。その点で、仕事や家事で忙しい方がおかずの1品として取り入れるのにもうってつけといえるだろう。本場四川の味を追求した麻婆豆腐は、普段食べなれている麻婆豆腐とは異なる刺激や旨みを体感させてくれるに違いない。中華料理の魅力を存分に堪能してみてほしい。

2. 「しびれ王 四川で食べた麻婆豆腐の素」の作り方

新商品の魅力の一つが気軽に本格的な麻婆豆腐を作れる点である。具体的な作り方についても紹介しておくことにする。
  • ひき肉を炒める
    フライパンに大さじ1杯分の油を敷いて熱し、その上にひき肉をのせて中火で炒める。
  • 肉用炒めダレを加えて炒める
    ひき肉に火が通ったことを確認し、肉用炒めダレを加える。その後、水分が飛ぶまで炒め続ける。
  • 豆腐・麻婆ソース・水を加えて炒める
    一度火を止めてから、豆腐・麻婆ソース・水120mlを加える。その後、とろみが生じるまで中火でゆっくりかきまわす。
  • 長ネギを加えて混ぜる
    とろみが生じたら長ねぎを入れて軽くかきまわし、そのままお皿にのせる。お好みで付属のしびれスパイスをかければ、辛さや刺激をプラスできるのでぜひお試しあれ。

3. 豆腐の種類や名前の意味について

意外と多い豆腐の種類

豆腐の原料は大豆であるが、実は大豆を使っていないものでも豆腐と名付けられているケースが多い。たとえば、調味料を含んだ溶き卵を蒸した卵豆腐や、杏子の種の成分を含ませ寒天で固めた杏仁豆腐、ごまをすって片栗粉などで固めたごま豆腐などがある。

豆腐がやっこと呼ばれるのはなぜ?

江戸時代に大名行列で槍を振っていた奴さんの衣装に関係している。奴さんの紋が方形であったことから、豆腐を四角切る作業を奴に切ると表現するようになり、いつのまにかやっこが豆腐そのものを示すようになったという。

豆腐の「腐」が示す意味

豆腐に使われる「腐」の文字はぶよぶよで柔らかいものを意味するとのこと。したがって、豆腐は柔らかい豆のように解釈するとの見方がされている。

結論

「四川料理 しびれ王 四川で食べた麻婆豆腐の素」を豆腐の豆知識とともに紹介した。大豆が使われていない豆腐が存在する事実は不思議であったに違いない。新商品の麻婆豆腐を食べながら、家族や友人に豆知識を披露してみてはいかがだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ