このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

料理の魅力を引き出す!?万能カレー調味料「カレーマジック」の魅力

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月25日

普段食べなれた料理も調味料を加えることで全く別の逸品に変わることがある。江崎グリコが手がける「カレーマジック」も見過ごせない調味料の一つだ。野菜炒めやチキンなど、幅広いメニューを魅力的に変化させるという。早速、カレーマジックの詳細に迫っていくことにする!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 旨さの秘密は香味野菜や果実にあり!ペーストタイプでさっと溶け込む

旨みの秘密は、複数のスパイスをブレンドしたカレー粉に、たまねぎ・しょうが・にんにくなどの香味野菜やバナナ・リンゴなどの果実をプラスしていることにある。ペーストタイプだからスッと具材になじみ、気軽に料理の味付けができる点も見過ごせないポイントだ。炒めものや煮込み料理だけでなく、電子レンジメニューなどもアレンジできる。

加えて、辛さを求める人にお応えできるようマイルド味のほかにスパイシー味も用意している。子供だけでなく大人まで楽しめるという点でも万能といえるだろう。一度試しに使ってみたい人には使い切り小袋タイプがおすすめだ。1人前の量が2袋セットになっているので、調味料が余ってしまうこともない。少量だとしても料理を劇的に変化させるマジックを目の当たりにするに違いないだろう。

2. カレーマジックで料理のレパートリーが広がる!

カレーマジックの本領は旨みを整えることだけではなく、メニューのレパートリーを簡単に増やせることにある。どのような使い道があるのがその一端をご紹介する。

カレー風味の肉野菜炒め

豚の細切れと野菜を強火で炒めた後に、カレーマジックを入れてから弱火で軽く混ぜ合わせる。普段野菜が嫌いな子供でもカレー風味であればもりもり食べてくれることだろう。

カレー鍋

いつもの鍋にカレーマジックを入れると、豆腐やえのきなどの具材がカレー色になり、カレーの匂いも立ち込めて一層食欲を引き立てる仕上がりになる。

タンドリーチキン

冷蔵庫に余った鶏肉もカレーマジックを使えばタンドリーチキンという豪華なメニューになる。焼く前、ヨーグルトとカレーマジックを混ぜ合わせたものに1口サイズにカットした鶏肉をつけ込んでおく。

3. カレーの豆知識を紹介!語源やおいしさの理由について

カレーの語源

ヒンズー語でターカリーという言葉がある。「香り高いもの」や「おいしいもの」という意味を表すため、ターカリーがカレーの語源だという見方が広まっている。その一方で、タミル語でカリという言葉もあり、「ご飯にかける液状のもの」を指す。こちらもカレーの特徴と一致しているため、語源と関わりがありそうだ。

2日目のカレーがおいしい理由

カレーは2日目が美味しいという説があるが、その根拠はどこにあるのだろうか。実は、カレーの具材である野菜や肉などが旨みやコクを生じさせることに理由がある。特にじゃがいもが果たす役割が大きいという。再び温められたじゃがいもは、煮崩れによってでんぷんを生じさせ、カレーにとろみをもたらす。そのとろみが旨みやコクと相まって、よりおいしく感じるというわけだ。

結論

江崎グリコが展開するカレー風味の調味料「カレーマジック」を使い道とともにお伝えした。たった一つの調味料で料理のレパートリーがグッと広がる点が魅力的であった。それぞれが得意とするレシピに活用して、オリジナルの創作料理を作ってみてはどうだろうか。

参考文献

江崎グリコ株式会社

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ