このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カルボナーラをデニッシュにイン!ファミマの新作パンに注目

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月14日

2019年12月24日(火)にファミリーマートで新発売された「ベーコンカルボナーラデニッシュ」。しっとり感のあるデニッシュ生地の中にカルボナーラが入った調理パンだ。朝食やランチの1品にぴったりである。さっそく実食したので紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「ベーコンカルボナーラデニッシュ」の魅力

手軽にカルボナーラを味わえる

デニッシュパンの中に入っているベーコンとカルボナーラフィリング。パッケージを開けると広がるペッパーの香りとマッチしていて美味しい。オーブントースターで少々温めてから食べるとパン生地がサクッとするのでおすすめだ。

意外と知らない!?ハムとベーコンの違いとは

生肉と違って手軽に使えて大変便利な、加工肉製品。薄切りされたハムやベーコンはサラダにも加熱調理にも使えるが、このふたつの違いをあなたは正確に知っているだろうか?見た目の脂の量は違うものの、両方豚肉。一体明確な違いはどこにあるのだろう。

肉の部位が違う

豚肉には様々な部位があるが、ハムとベーコンでは使っている部位が違う。そしてなんと、ハムは日本独自の特殊な発展を遂げていた。

実は日本だけ⁉ロースハム

ハムは世界的に見るとモモ肉が主流だ。英語では「ham=もも」。世界的に見るとモモ肉で作られたボンレスハムや骨付きハムが主流で、バラ肉はベリーハム、肩ロースはショルダーハムと呼ばれる。日本はボンレスハムより圧倒的にロースハムが多いが、実はロースハムは日本で生まれた日本独自のハムである。このため世界的な市場にロースハムはあまり出回らない。

ベーコンはバラ肉

ハムが様々な部位を使うのに対し、ベーコンは基本的にバラ肉のみだ。たまに肩ロースでショルダーベーコンがあるのだが、ハム同様英語で「bacon=バラ肉」のこと。脂身の多いバラ肉がベーコンには最適のようである。

2. 商品詳細

発売日

2019年12月24日(火)

購入できる場所

ファミリーマート(宮崎県と鹿児島県をのぞく)

価格

119円(税抜)

栄養成分表示

  • カロリー:258kcal
  • たんぱく質:6.3g
  • 脂質:15.2g
  • 炭水化物:24.1g
  • 食塩相当量:1.1g

結論

カルボナーラ独特の味わいが楽しめる「ベーコンカルボナーラデニッシュ」。ペッパーも良いアクセントとなり美味しく仕上がっている。サクサク感を出したいのであれば、オーブントースターで温めるのがおすすめである。是非ともご賞味いただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ