このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

簡単なのにジューシーな具がやみつき!セブンの「レンジで焼き餃子」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月13日

セブンイレブンで販売されているレンジで簡単に作れてしまう餃子が人気だ。その名も「レンジで焼き餃子」。今回は簡単でしかも美味しい本商品の魅力を早速ご紹介していこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「レンジで焼き餃子」の魅力

商品の特徴

レンジで1分30秒温めるだけで本格的な餃子を簡単に楽しむことができる本商品。皮はモチモチとした食感で色も美味しそうに仕上がっている。中に入っている具材はジューシーで個数もちょうどいい。袋のままレンジで加熱できるという点も簡単で便利だ。フライパンに餃子がへばりつくのに悩む必要がない。

餃子の歴史

餃子の故郷が中国であることは言わずもがな。日本では餃子といえば焼き餃子を思い浮かべる人が多いようだが、本場では水餃子がベーシック。その歴史は古く、春秋時代およそ紀元前6世紀頃誕生したと言われている。また、中国では餃子は主食として食べられることが多く、日本のようにおかずという立ち位置ではない。

日本と餃子

実は、日本で餃子がポピュラーになったのは昭和初期とかなり最近のこと。戦時中、中国に渡っていた人々が帰国し、当時を懐かしんで作り始めたと言われている。なぜ焼き餃子にしたかは定かでないが、その後日本では焼き餃子が定番化し、今では国民食とも言えるほどのメニューに。

2. 商品詳細

購入できるお店

セブンイレブン

価格

128円(税抜)

調理方法・食べ方

600Wの電子レンジで1分30秒加熱

栄養表示

  • カロリー:190kcal
  • たんぱく質:7.4g
  • 脂質:9.9g
  • 炭水化物:18.43g(糖質17.43g、食物繊維1.09g)
  • 食塩相当量:0.88g

結論

セブンイレブンの定番商品「レンジで焼き餃子」のご紹介をしたがいかがだっただろうか。レンジで簡単に作れるこちらの餃子はモチモチとした皮とジュージーな具が魅力である。気になった方はぜひお試しになってみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ