このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

抹茶好きは食べるべし!上林春松本店監修のファミマ抹茶スイーツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月13日

ファミリーマートにて2019年12月24日(火)より販売されている「旨み抹茶のメルティショコラ」はもうお試しになっただろうか。抹茶スイーツは人気のジャンルではあるが、「抹茶と言えば京都、京都と言えば抹茶」。その京都の茶問屋の中でも大老舗である「上林春松」が監修となれば、抹茶フリークとしては食べないわけにはいかない。今回は実際に食べてみた感想を交えて、その魅力をお伝えしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「旨み抹茶のメルティショコラ」の魅力

京都宇治茶問屋の老舗中の老舗、上林春松本店が監修

薄緑も美しいミルキーなホイップクリームの下には抹茶の深みを感じるガトーショコラがお目見えする。こちらはガトーショコラというよりは、抹茶テリーヌといった感じだ。もう少し具体的に言えば、なめらかな抹茶トリュフといったところ。上等なチョコレートを食べた気分になり、満足度が非常に高い。

さて、そのショコラの中に濃い抹茶のソースが潜んでいるのがこれまたアクセントになっているのだが、クリームのまろやかな抹茶味とソースの清涼感のある茶葉の苦みを同時に感じさせるパフォーマンスには思わず唸ってしまった。

緑茶の健康成分を余すことなく丸ごといただく抹茶

緑茶の栄養成分すべてを摂取できることから、効能が昔から知られる「抹茶」。そんな抹茶を日常に取り入れるなら、思い切って朝はどうだろう。

ミネラルやビタミン類が豊富な緑茶は、日本人が古くから親しんできた飲み物。しかし、お茶として飲んだ後の茶殻には、茶葉がもつ約7割もの栄養成分が残ってしまっているのだ。

脂溶性のβ-カロテン(ニンジンの2.4倍)やビタミンE(ほうれん草の25倍)をはじめ食物繊維などがもったいないことに捨てられている。茶葉を粉末にして飲む抹茶は、これらの栄養成分をすべて余すことなく摂取できる優れものといえるだろう。

さらに抹茶にする茶葉は、お茶の最高級品・玉露と同様、茶摘み前にむしろで覆う栽培法により収穫される。通常よりも葉緑素が増えた茶の若葉を蒸し、揉まずに乾燥させてから臼で粉末状にひいた抹茶には、煎茶の約1.5倍ものアミノ酸が多く含まれているのだ。

2. 商品詳細

発売日

2019年12月24日(火)

購入できる場所

ファミリーマート

価格

230円(税抜)

栄養成分表示 1包装あたり(推定値)

  • 熱量:261kcal
  • たんぱく質:3.2g
  • 脂質:12.0g
  • 炭水化物:35.1g
  • 食塩相当量:0.1g

結論

ファミリーマートにて2019年12月24日から販売されている「旨味抹茶のメルティショコラ」は、「抹茶は苦い」という概念を覆してくれる、まさに京の老舗茶問屋監修のこだわりスイーツとなっている。このクオリティで税込248円は絶対に買いである。抹茶スイーツを極めたいなら是非とも一度味わっていただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ