このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

根菜が良いアクセント!ミニストップの「鮭と根菜の和風ピラフ」に注目

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年1月13日

2020年1月7日(火)からミニストップで順次発売中の「鮭と根菜の和風ピラフ」。鮭の切身と根菜がたっぷりと入った和風ピラフだ。ランチや夕食のメインにちょうど良いサイズである。さっそく実食したので、紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「鮭と根菜の和風ピラフ」の魅力

根菜が良いアクセント

本品は、鮭やコーン、白ごま、根菜がバランスよく入っている和風ピラフである。根菜の存在は、単調な味のよいアクセントとなっている。ランチや夕食のメインとしてちょうどよいサイズ感だ。

ピラフと炒飯の違いとは?

チャーハンとピラフはどちらもお米を使ったアレンジ料理。大きな違いは、調理法にある。

ピラフよりもよく食卓に登場するチャーハン。炊いたご飯さえあれば、あとは家にある残り野菜や肉類、ハムなどの具材と一緒に炒めるだけ。時間がない時にもチャチャっとできて助かる料理のひとつだ。そう、「炊いてあるご飯を炒める」のがチャーハンだ。

一方のピラフは、家での登場回数はチャーハンよりも多くないかもしれない。その理由は、調理法にもあるだろう。「生のお米を炒めてから炊く」のがピラフだ。炊く際には、ブイヨンなどのスープを使うのが一般的。

2. 商品詳細

発売日

2020年1月7日(火)より順次発売

購入できる場所

ミニストップ

価格

370円(税抜)

栄養成分表示(1包装当たり)

  • 熱量:449kcal
  • たんぱく質:11.2g
  • 脂質:5.7g
  • 炭水化物:88.2g
  • 食塩相当量:1.3g

結論

本品は、鮭の和風ピラフに根菜が加わることで味に深みが出ている。なお、商品名に「ピラフ」と称してはいるものの、脂っこさはないため非常に食べやすい。ランチや夕食のメインとしておすすめである。是非ともお試しいただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ