このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
流水解凍するだけ!?「大阪王将」の季節限定餃子を自宅で堪能しよう

流水解凍するだけ!?「大阪王将」の季節限定餃子を自宅で堪能しよう

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年1月29日

ごはんのおかずやおつまみとして人気の餃子をより身近にしてくれる食品が、この春に「大阪王将」から発売される。簡単に調理できるものやビールとの相性がよいものなど、こだわりの餃子が目白押しである。早速、それぞれの魅力について紹介していこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中華専門店「大阪王将」の創意工夫が詰まった新商品!

この春、中華専門店「大阪王将」から4種類の新商品が登場することになった。いずれも創意工夫がみられる餃子で、それぞれの好みや食生活に応じて選ぶことができる。

「冷やし餃子」

流水解凍によって気軽に調理可能である点が最大の魅力。お湯を沸かさなくて済むので、夏場に調理しやすい。しその風味と刻み生姜がスッキリとした香りを漂わせ、皮に透明感があって見た目も涼やかだ。

「つまみ餃子」

焼き目がカリッとして香ばしいうえに、皮がもっちりとした小粒餃子。ブラックペッパーとニラ、油の組み合わせはやみつきになるおいしさで、ビールにピッタリの仕上がりだ。

「羽根つきチーズぎょうざ」

ゴーダ、モッツァレラ、パルミジャーノ・レッジャーノ、ステッペンを使ったチーズ餃子。にんにくを使っていない点も食べやすくて魅力的だ。

「羽根つき焼き小籠包」

カリッとした皮、パリッとした羽根、じゅわっとあふれるスープのトリプル食感を堪能できる。おつまみやおやつとしても重宝するに違いない。

2. 「大阪王将」の餃子がおいしいのはなぜ?3つのこだわりを紹介

「大阪王将」が数多くの人々から親しまれているのには理由がある。「大阪王将」が、お店で餃子を作るうえでこだわっている点についてご紹介しよう。

こだわり1:食材

「大阪王将」は消費者に安心して食事を楽しんでもらうために、徹底した食材管理にこだわっている。キャベツ、にんにく、しょうがは国産にこだわり、餃子に適した原料を厳選し、大阪王将出荷組合や契約農家から仕入れている。

こだわり2:鮮度

営業終了日に翌日分を注文し、工場で夜間に製造される。店舗に配送されたあとは、各店で厳しい温度管理のもと保管される。

こだわり3:手巻き

皮と具を別々に店舗に配送し、お店で一つひとつ手巻きしている。その取り組みによって、「大阪王将」ならではの食感と豊かな風味が実現しているというわけだ。

3. 日本と中国における餃子の食べ方や餃子をおいしく焼きあげるコツ

日本と中国における餃子の食べ方

中国において餃子は主食として食される。種類としては、皮が比較的厚い水餃子や味が逃げにくい蒸餃子が主流であり、残った餃子を焼いて食べる風習が特徴的だ。一方、日本では焼き餃子が一般的だ。餡の中ににんにくを含ませ、ラー油に付けて食べるスタイルは、意外なことに日本ならではの食文化である。

餃子をおいしく焼きあげるコツ

餃子を焼くと、皮が焦げたりやぶれたりして、仕上がりがうまくいかないケースは少なくない。餃子に焼き目がついたあと、水を数ミリの高さまで入れてふたをし、しっかりと蒸し焼きにするのがおいしく焼きあげるコツだ。ジャーという音に驚いて弱火にしてしまう方もいるが、仕上がりがベチャッとするので中火で焼きあげるようにしよう。

結論

「大阪王将」の新商品を4種類紹介するとともに、「大阪王将」がお店で餃子を作る際にこだわっている点についてもお伝えした。新商品は2月下旬から全国で発売される。ご家庭で食して餃子の魅力を堪能したあと、「大阪王将」を訪れてお店の味もぜひ確かめてみるとよいだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ