このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いっぱい入っているのに衝撃のお値段!500円でおつりがくるの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 7日

ファミリーマートで発売されている「明太海苔弁当」。ご飯の上には海苔と明太子が乗せられている。おかずとしてコロッケや卵焼き、白身魚のフライ、ちくわ磯部天などが入っている。おかずの味付けはどれも甘めで、明太子との相性が合うように作られている。では「明太海苔弁当」の魅力について詳しく見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おかずが豪快に盛り合わしている!食欲そそる「明太海苔弁当」

甘めの味付が明太子によって引き締まる!

蓋をとったときの見た目がとってもボリューミー!蓋をしているときよりもインパクトが大きかった。ご飯に負けないぐらいのおかずの量!食べてみるとどれも甘めの味付になっていたのだ。どうしてだろうと疑問に思っていたがその疑問はすぐに解決されることとなったのである。なんと明太子と一緒に食べることで味が見事に引き締まったのだ。ただ明太子が大好きな人にとってみると、ちょっと物足りないと感じるかもしれない。商品名に「明太」と入っているわりには量が少なめかなと感じた。明太子と一緒に食べると味にアクセントがついて非常に美味しいのだ。是非、お昼御飯や晩御飯としてチョイスしてみてほしい。「明太海苔弁当」はたくさんご飯やおかずが入っているのに税抜き399円。500円でおつりが返ってくるとはかなりお買い得だ。

明太子はスケトウダラの卵

日本人に明太子好きは多い。おにぎりの具に関するランキングでは、明太子は必ず上位に入っている。コクのある旨味に程よい辛味が加わった明太子は、プチプチとした食感も人気の秘密である。

小さな粒が綺麗に並ぶ明太子は、よく知られているように魚の卵である。しかし明太子が何の卵なのか、日頃よく食べている割には意外と知られていないようだ。明太子は「明太の子」であり、明太とは韓国語でスケトウダラ(スケソウダラとも呼ばれる)を意味する。つまり明太子はスケトウダラの卵であり、卵巣を辛子入りの調味料に漬け込んだものである。

スケトウダラは卵巣を明太子とするほか、精巣は白子に、身はちくわや蒲鉾などの練り物にするなどして無駄なく利用される。マダラなどほかの魚の卵巣を使って、明太子のような辛子漬けを作ることも可能である。しかし商品として明太子、あるいは辛子明太子として販売する場合は、スケトウダラの卵巣を原料とすることが全国辛子めんたいこ食品公正取引協議会の規約として定められているそうだ。

2. 商品構成

購入できる場所:

ファミリーマート

価格

399円(税抜)

栄養成分表示

  • 熱量:746kcal
  • 蛋白質:18.1g
  • 脂質:25.0g
  • 炭水化物:111.9g
  • 食塩相当量:3.0g

結論

ファミリーマートで販売されている「明太海苔弁当」。ガツンとボリューミーなお弁当なのに税抜き399円という安さだ。甘めの味付けは明太子の存在によってしっかり引き締められる。お財布がピンチのときやガッツリ食べたいお昼時に是非購入いただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ