このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

濃厚チョコにうっとり。ミニストがカカオ香る大人のロールケーキを発売!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 6日

2020年1月14日、ミニストップから、カカオの香りとビターな味わいが魅力の「ベルギーチョコロール」が発売された。スイーツだけど甘すぎない、まるでハイカカオチョコレートのような印象を受けるこの「ベルギーチョコロール」。その、大人の男性が楽しめるスイーツの魅力に迫ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「ベルギーチョコロール」の魅力

大人の男性が楽しめる。カカオ香るビタースーツ

ベルギーチョコロールは、大人の男性にこそ楽しんでもらいたいスイーツだ。
ロールケーキ、特にチョコロールは、クリームがこってりと甘いものも多い。しかし、本商品は、まるでハイカカオチョコレートのようにビターな味わい。そしてカカオの香りをダイレクトに感じることができる。他のスイーツで例えるなら「オペラ」の味わいに近いと感じた。

このビター&カカオ感が、スイーツを一気に高級な印象へと押し上げてくれる。そして、滑らかに仕立てられたクリームは舌触り抜群。

本商品は3切れ入りなのだが、正直3切れでは少ないと感じた。甘すぎないクリームと舌触りのよさが、もっと食べたいと思わせてしまう、後を引く大人のスイーツだ。

チョコは健康にいいって本当?

チョコレートは健康にいいという話を聞いたことがないだろうか?
その理由は、カカオに含まれる「テオブロミン」と「カカオポリフェノール」。この2成分こそ、健康効果を期待できる秘密なのだ。

「テオブロミン」は、自律神経を調整してリラックスさせる効果がある、今注目の成分だ。聞き馴染みがない名前かもしれないが、それもそのはず。
テオブロミンを含む食べ物はごくわずか。それが、チョコレートの原材料であるカカオに含まれている。

「カカオポリフェノール」は、抗酸化作用を持つカカオ特有の成分。高カカオチョコレート人気の火付け役と言っていいだろう。ちなみに高カカオチョコレートとは、一般にカカオ70%以上を指す。

しかし、食べすぎは禁物。カカオには脂肪分が多く含まれているため、いつの間にかカロリーオーバーになることも。量に気をつけて、上手に取り入れよう。

2. 商品詳細

購入できる場所

ミニストップ

価格

240 円(税別)

栄養表示(1パック当たり)

  • 熱量:330kcal
  • たんぱく質:7.1g
  • 脂質:18.5g
  • 炭水化物:33.4g
  • 食塩相当量:0.33g

結論

「ベルギーチョコロール」は、ビター&カカオ感が後引く、大人の男性におすすめしたいスイーツだ。普段スイーツを食べない方ほどおすすめ。たまには買って帰ってみんなで食べるのもいいかもしれない。職場でも喜ばれるだろう。そんな大人がおいしいと感じられるスイーツ「ベルギーチョコロール」は、恵方巻の要素も含まれている。今年の節分はスイーツ男子で決めてみるのはどうだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ