このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
和食との相性抜群!「鍛高譚」シリーズに北海道クラフトジンが初登場

和食との相性抜群!「鍛高譚」シリーズに北海道クラフトジンが初登場

投稿者:オリひと プレス班 常木城伸(つねきしろのぶ)

2020年2月 6日

オエノングループ 合同酒精株式会社の「鍛高譚」シリーズは赤シソの風味を堪能できる逸品だ。同シリーズに加わった「TAN・TAKA・TAN GIN(鍛高譚ジン)」はシリーズ初のクラフトジンで、新たな魅力が詰まっている。早速新商品の特徴についてお伝えしていこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 和食との相性抜群!化粧箱入りでプレゼントにもピッタリ

オエノングループの合同酒精株式会社が手がける「鍛高譚」シリーズに、北海道クラフトジンの「TAN・TAKA・TAN GIN(鍛高譚ジン)」が加わった。パッケージにはエレガントな角瓶を採用し、「鍛高譚」のスタイリッシュな世界観が表現されている。

旭川工場で素材の浸漬から蒸留、ブレンド、詰め上げまですべてのプロセスが行われ、北海道白糠(しらぬか)町産の赤シソと、リコリスルートやアンジェリカルートをはじめとする5種類のボタニカルを使用している。丁寧に浸漬・蒸留されたクラフトジンは、赤シソのスッキリした風味とボタニカルが織り成す繊細な風味が相まって、和食に適した仕上がりとなった。私たちの食生活を彩るのはもちろんのこと、和食を楽しみにする訪日外国人観光客にも喜ばれるだろう。化粧箱入りの商品であるため、お酒が好きな家族や友人にもぜひプレゼントしてみてほしい。

2. 「鍛高譚」シリーズの概要とおすすめの飲み方について

「鍛高譚」は、北海道白糠町の芳香な赤シソと旭川の清冽な水を用いたしそ焼酎である。「鍛高譚」シリーズには豊富なラインナップが揃っている。「鍛高譚の梅酒」は、香料・着色料無添加で、鮮やかなルビー色と赤シソの豊かな味わいを楽しめる。

また、「赤鍛高譚」は「鍛高譚」と比べて赤シソを5倍以上使用。スッキリと飲みやすく、赤シソ本来の色と風味をとことん堪能できるリキュールである。鍛高譚シリーズの違いを楽しみたいのであればロックがおすすめだ。その際は、なるべく大きな氷を使い、注ぐ量をグラスの約半分までにすると、より華やかな香りを楽しみやすい。ちなみに、鍛高(タンタカ)はアイヌ語でカレイ科の魚をさす。タンタカについて気になる方は、公式HPに載っている民話でその由来について楽しんでほしい。

3. 青シソと赤シソは何が違う?シソの特徴を徹底解説

シソはシソ科・シソ属のハーブの一種で、スーパーでは青シソの葉が売られている光景をよく目にする。葉の色によって種類がわかれ、青シソは緑色で、赤シソは紫色だ。青シソは葉・花・実を刺身のつまやてんぷらなどとして食すことができ、赤シソは乾燥させてふりかけにしたり、梅干しの色付けなどに利用できる。またシソには「力が蘇る」との花言葉が付けられている。また、発芽したての双葉や若い花穂(かすい)、成熟前の果実など、成長段階に応じて異なった収穫を楽しめるのも特徴だ。暑さに耐性があるので育てやすく、菜園の隅に植えておくだけでも役立つことだろう。

結論

以上、「TAN・TAKA・TAN GIN(鍛高譚ジン)」についてシソの特徴とともに解説した。シソには「力が蘇る」との花言葉があり、βカロテンが含まれていることに興味を持った方もいるのではなかろうか。シソの魅力をさらに知りたい方は、赤シソがふんだんに含まれた新商品をぜひ一度お試しいただきたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >