このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
料理との相性が一目瞭然!唐揚げとチーズにピッタリな日本酒が話題

料理との相性が一目瞭然!唐揚げとチーズにピッタリな日本酒が話題

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 1日

料理の味を引き立てるお酒の一つが日本酒である。しかし、日本酒は種類が多く、料理との相性がいまいちわかりづらいと感じる方もいるだろう。そんな方々が気軽に楽しめる日本酒が「唐揚げと楽しむ大吟醸」と「チーズと楽しむ純米大吟醸」だ。早速、その詳細についてお伝えしていくことにする!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 唐揚げとチーズをさらにおいしくする2種類の日本酒

「唐揚げと楽しむ大吟醸」と「チーズと楽しむ純米大吟醸」は食との相性が追及された特定名称酒である。それぞれのタイトルをみればどの料理と相性がよいのか一目瞭然だ。「唐揚げと楽しむ大吟醸」はスッキリとした後味。香りが唐揚げの旨みを引き立て、脂っこさまで和らげてくれる。キレのあるウォッシュ効果は、次の一口をさらにおいしくしてくれることだろう。

一方、「チーズと楽しむ純米大吟醸」はライトでふくよかな旨みが特徴だ。チーズのクリーミーさを引き出し、その余韻を堪能できる。いずれも500mlのパックで気軽に購入しやすい点も魅力的だ。唐揚げとチーズは家庭で親しまれている代表的なおつまみである。おいしいものをさらにおいしくするお酒をご家庭に備えてみてはいかがだろうか。

2. 日本酒の種類を知ってお気に入りを見つけよう!

日本酒は種類が豊富なお酒として知られる。お気に入りの種類を見つけることで日ごろの食事がさらに豊かになることだろう。ここからは最低限知っておきたい日本酒の種類についてご紹介する。まず、日本酒は特定名称酒と普通酒に分かれる。このうち、特定名称酒は原料や精米歩合の要件を満たし、特定の名称が与えられたお酒である。今回紹介した2種類のお酒も特定名称酒であった。特定名称酒はさらに細かく分類でき、日本古来の酒として知られ米と水だけで造られた純米酒、豊かな香りと味わいのバランスにこだわって造った吟醸酒、淡麗ですっきりとした味わいの本醸造酒などの種類がある。

3. 日本酒のおいしい飲み方は?日本酒の豆知識について

日本酒のおいしい飲み方は?

日本酒は温めたり冷やしたりして飲むとおいしいことが知られている。純米酒などコクの深いタイプは熱燗に適し、さっぱりとした口当たりの吟醸酒などは冷酒に向いている。

日本酒は冬しか作れない?

日本酒を作るためには気温が低く雑菌が少ないという条件を満たす必要がある。そのため、昔は冬に日本酒を作るのが一般的だったという。現在でもその名残はあるが、中にはコンピューター制御を駆使して年間を通して日本酒造りに取り組んでいるメーカーもある。

「日本酒の日」はいつ?

昭和35年に日本酒造中央会は、10月1日を日本酒の日と定めている。一般的に10月から酒を造り始めるところが多く、昔から10月1日を酒造りの元旦として祝う風習があったことなどに由来しているそうだ。

結論

「唐揚げと楽しむ大吟醸」と「チーズと楽しむ純米大吟醸」について日本酒の種類とともにお伝えした。日本酒にはさまざまな種類があることに驚いた方もいるに違いない。今回紹介した日本酒を含め、各日本酒を飲み比べてみるとお気に入りの味と出会えることだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >