このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サントリーの「神泡サーバー2020」でビールをもっとおいしく!

サントリーの「神泡サーバー2020」でビールをもっとおいしく!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月13日

仕事やレジャーの後に爽快な気分を味わえるビールは、もはや現代人に欠かせない嗜好品といえよう。そんなビールをさらにおいしく飲めるアイテムをご存じだろうか。今回はサントリーが開発した「神泡サーバー2020」を紹介するとともにビールの魅力に迫っていく!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自宅で神泡を堪能!「神泡サーバー2020」がさらに使いやすく

「神泡」を家庭で楽しめる

「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドはビールの固有価値である泡に着目。素材・製法・注ぎ方によって「神泡」を追求することで、ビールのおいしさをお届けしている。そんな神泡を家庭で楽しめるようにしたのが「神泡サーバー2020」である。洗浄する必要がないほか、従来の約4分の1のサイズに変化し、今まで以上に活用しやすくなった。

うまいビールの3つの条件

条件1:香りが引き立つ

泡にはビールの香りが凝縮されている。おいしいビールは泡によって上品で華やかな香りを堪能できる。

条件2:コクがある

泡は口当たりを良くする役目も果たす。おいしいビールは泡とともに麦芽本来のコクを感じられる。

条件3:うまい瞬間が継続する

きめ細かい泡は蓋の役割を果たし、炭酸ガスの飛散や劣化を抑える。おいしさが時間によって変化しないのもビールのおいしさを決める重要な条件だ。

「オリひと」編集部でも実際に試してみた!

注目の「神泡サーバー2020」を、「オリひと」編集部でも早速試してみたので感想をご紹介しよう!

まずもって、ぜひ読者にもこの神泡感を体感してほしいの一言だ。

驚くほど簡単に、居酒屋で飲むキンキンビールの泡を作ることができる。缶の飲み口から神泡が作られているのを見るのも何とも奥行き深い瞬間である。これまで自宅でビールを飲むときは、洗う面倒くささを理由にグラスに入れず缶のまま飲んでいたが、「神泡サーバー2020」を使いだしてからというもの、グラスで味わう旨味を感じ毎回グラスで嗜むようになった。

グラスの8~9割までビールを注ぎ、最後に泡を足すイメージで「神泡サーバー2020」を使うのが、上手に神泡を作るコツだ。ぜひお試しいただきたい!

2. プレミアムモルツとは?おいしさの秘密は製法にあり!

サントリーは世界最高峰のビールを目指して「ザ・プレミアム・モルツ」を展開している。ラインナップも豊富で醸造香を活かしたフルーティーな「ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール」や、コクと苦み、甘み、香り、余韻の全てを楽しめる「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」などがある。おいしさの秘密を製法に注目して説明しよう。

神泡リッチ製法

高分子タンパクを制御する神泡リッチ製法によって、華やかな香りと深いコク、心地よい後味に仕上げているため、バランスの良い余韻を感じられる。希少品種の「カリスタホップ」を加えることで、かろやかな味わいにしているのもポイントだ。

ダブルデコクション製法

麦芽は構造がとても硬いダイヤモンド麦芽を採用し、ダブルデコクション製法で処理する。釜で二回に分けて煮出しすることで味わいを引き出す。

アロマリッチホッピング製法

欧州産アロマホップは、アロマリッチホッピング製法で約10年の歳月をかけて複数回に分けて追い足す。あふれだす華やかな香りはこうして生まれる。

3. ビールの起源や分類、種類について

ビールの起源

ビールはすでに当たり前の嗜好品となっているが、いつからこの味が楽しめるようになったのだろうか。ビールの歴史は非常に古く、紀元前4000年以上にまでさかのぼる。メソポタミアで人類が農耕生活を営むようになったころ、麦の粥に酵母が入り込んで発酵してしまったのが起源とされている。

ビールの分類

ビールはさまざまな観点から分類できる。色によって淡色ビール、中濃色ビール、濃色ビールに分けられる。また、酵母による変質を防ぐために熱処理したビールがある一方、熱処理しないビールは生ビールとして扱われる。

ビールの種類

ビールは国によって種類が異なるのも大きな特徴だ。チェコのピルゼンで生まれたピルスナーは、爽快な香味で世界中に普及している。イギリスで発展したエールは、ホップの香りが芳醇で、アルコール分は6.0~6.5%と若干高めである。

結論

「神泡サーバー2020」とともにサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」の魅力についてお伝えした。ビールのおいしさは泡で決まることがおわかりいただけただろう。いつものビールを神泡でさらにおいしく堪能してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >